taboo

taboo

どの世界・業界にも、タブーというものはあるもので、

そこに踏み込まないことで、良かれ悪しかれバランスが保たれているということが、
よくある。

最近、体調が悪く、家に籠ってネットのニュースを細かく見る機会が多かったのだが、
以前はタブーとされていたことが、何とまぁ、よく語られるようになったことか。

振り返ってみれば、東日本大震災でいろいろな神話や虚像が、
その正体を暴露されてしまったことで、

そこから一気に、それまでタブーだったものが、
公然と語られ、いや暴かれ始めたような気がする。

ひとつひとつについて、語るつもりもないし、その知識もないのだけれど、
最近、「アメリカ」というタブーについて、考えることが多い。

そもそも疑問を感じていたのは、大学受験で世界史を勉強していたころ。

1.アメリカはなぜ太平洋戦争を始めたのか。

2.アメリカはなぜ北方領土問題に口を閉ざしているのか。

この2点は、今でも僕の中でもモヤモヤしており、
例の基地移転問題やら、大阪市長の発言やらで、あらためて考えてみた次第である。

ひとつめの疑問について。

あの戦争は、そもそもアメリカには何の関係もなかった。

ヨーロッパでの第二次世界大戦と、日本と中国との戦争は進んでいたが、
アメリカには直接の利害関係はないもので、

むしろアメリカは、対外的地位の向上と国内の景気上昇のために、
参戦の機会を窺っていたのではないかとも思われるのであり、

あえて真珠湾に隙を作り、そこに日本軍を誘い込んで被害者顔をした、
という陰謀説がささやかれているのも、強ちには否定できない。

これは、朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラン・イラク戦争、湾岸戦争、アフガン問題等々、
ことあるごとにシャシャリ出てくるアメリカの性格を考えれば、
さもありなん、と思えてくる。

ただ、実は、開戦から終戦後まで、第二次世界大戦をめぐる世界情勢というのは、
それこそ各国の私利私欲のうずまく複雑怪奇なものだったため、

単純に「歴史認識」といっても、そう簡単に片づけられるものではない。

おそらく、いまだにタブーとなっている秘密文書とかが、
各国の政府の書庫の深くに、厳重にしまわれていたりするのではないか。

ただひとつだけ言えることがある。

あの戦争は、アメリカにとっては「完全なる勝利と正義」でなくてはならないのであり、
そこを否定するような要素は、現在のアメリカの立場を揺るがしかねないものである。

だから原爆投下を非難することは許されないし、
「アメリカだって日本で酷いことしましたよね?」なんてことは、
それこそタブー中のタブーなわけだ。

ふたつめの北方領土問題。

あの大戦時、日本はソ連と戦争する気などまるでなく、
そのための日ソ中立条約だった。

アメリカにとっては、それが腹立たしかった。
北からソ連が対日参戦してくれなくては、日本にトドメを刺すことはできない。

そこでアメリカは、北方領土という「エサ」を与えることを約束し、
ソ連を戦争に引きずり込んだのである。

だから北方領土問題は、そもそもはアメリカが旗を振って解決すべき問題なのだが、
現在のアメリカにとっては何のメリットもない上に、

過去の汚い取引を、今更明るみにするのも都合が悪いので、何も語ることはない。

そういう意味では、日本やロシアは、大人だと思う。

もちろん両国ともに、「これってアメリカさんのせいですよね」ってことは、十分承知だが、
そんなことを言っても、何の解決にもならないし、
アメリカの面子を潰すことになるので、
大人の対応をしているというわけだ。

**********************

戦後、アメリカにとっての天敵だった共産主義は自滅し、
イスラムに対する地位もそれなりに示し、
テロと戦う正義の国、とイメージの植え付けにも、一応成功した。

それは、「良き子分」となった日本に対しても同様で、
「頼れる正義の兄貴分」としてのイメージ戦略は、
まさに国家レベルのPR活動として、上々の出来映えだろう。
(そこに日本のマスコミも多分に加担していることは、言うまでもない)

アポロ計画は実はウソで、アメリカは月になんて行っていなかった、という珍説や、

9・11は、アメリカの自作自演だったというデマが出回ったこともあったが、

その真偽はともかく、この国の取ってきた行動からすれば、なるほどね、と、
思えてしまうのである。

つまり何が言いたいかというと、
ニュースが語ることも、政治家が言うことも、教科書に書かれたことも、
多くは主観とデタラメの混合物であって、
結局は自分で考え、判断するしかない、ということ。

そういう意味では真実はひとつではないし、
そもそも真実ってなんだ?という哲学的な問題になってしまう。

ただひとつだけ言えることは、
アメリカに対するタブーが破られることは、あり得ないでしょう。

アメリカン・ヒーローは、常に勝ち続けなくてはならないので。

あ、誰か来たみたいなので、これぐらいにしておきます。
こんな時間に、誰だろう・・。

雑記カテゴリの最新記事