統一球の問題

統一球の問題

ちょっと時間があったので、WEBのニュースを斜め読みしていたら、
随分と多かった、プロ野球の統一球問題。

んー、ただ、僕が感じたことと、
世間の(というかマスコミの?)意見は、随分違うようだ。

プロスポーツなんてものは、所詮エンタメなので、
別に何があったって、いいじゃない。

八百長とかなら、お金払って観てるファンには申し訳ないかもしれないが、
ボールが飛ぶようになったところで、別に「損した」と思うファンはいるまい。

選手の実力の変動やその他の事情に合わせて、
用具の規格を変更したり、球場を改修するなんて、もはや当たり前。

むしろ球場の外野フェンスの高さを変えられたりできる方が、
よっぽど不公平だと思うのだが。

それに、野球ほど基本ルールが長い間変更されていないスポーツも珍しいと聞く。

毎年同じルールでできるのならば、
観ている側はともかく、少なくとも「プロの」選手であれば、
ボールの飛ぶ・飛ばないぐらいで騒ぐのは、ちょっと恥ずかしい。

「飛ばない」ボールのときでも、打っていた打者はいたわけだし、
騒ぐ前に、技術を向上させて結果を出すのが、プロだろうと。

サラリーマンの世界で、「PCの性能が悪くなったから営業成績が落ちました!」
なんて言ったら、それこそ顰蹙ものですよ。

これもあの地震のときからかな、
何か普通じゃないことがあると、マスコミが寄ってたかって叩く、という風潮が、
最近の日本にはある気がしてならない。

「それは悪い!」って言うのは、
他にもあるかもしれない問題を、全部それに被せることができるから、
すごく楽だし、無責任なわけですよ。

そして、多くの人が「悪い!」と思ってしまったものに対し、
「そうでもないでしょ」と発言するのは、その逆よりも、実は難しい。

例えば、「素晴らしい」という評判の映画を酷評するよりも、
酷評されている映画を「素晴らしい」と褒めることの方が、
心理的には、ハードルが高い。

ただ、二元論的な価値判断に縛られることなく、
ひとつの問題を、もっと色々な角度から検討するようにしないと、
情報の受け手は、間違えた方向に誘導されないとも限らない。

それは、環境問題や科学、政治、経済についても然り。

どのようなルートからであれ、情報には必ず何らかの操作が入っており、
それが自分の脳に入ったときに、更に主観というフィルターを通さなくてはならないからだ。

今回のコミッショナー?だか何だかも、
「用具の規格が変わるなんて、当たり前ですよ」
ぐらい言って涼しい顔をしていればよかったのだけれども、
少し対応がまずかった。

そうすると、マスコミはそのまずかった点が、
あたかも本丸であるかのように、叩きだす。
問題の本質はそこではないのだけれども。

ということで、情報に踊らされないように、
これからもukiyobanareを貫きます。

雑記カテゴリの最新記事