昨夜見タ夢ノコト

昨夜見タ夢ノコト

昨日は休日だったのと、台風で風が強かったこともあり、
日中家に籠っていたところ、気付いたら昼寝をしてしまっていた。

そのために夜の眠りが浅かったようで、
珍しく、見た夢を鮮明に覚えている。

忘れないうちに書いておこうと思う。
こんな夢だった。

品川にある大きなホテルで、
カンファレンスのようなものに出席している。

内容は定かでないが、大人数だ。

昼食を皆でいただく。

その途中で放送が入り、
昼食のあとは、銀座の高級クラブから女性を呼んでいるので、
ぜひ宴会場で盛り上がりましょう、とのことである。

僕は次のアポイントがあるので、
最後に芋の煮っころがしのようなものを口に放り込み、
後ろ髪を引かれつつも、会場を後にした。

ロビーのようなところに出ると、
壁が一面ガラス張りになっていて、
外では巨大な岩が剥き出しになり、
そこから根を露わにした大木がニョキっと生えている。

なるほど、ここは地名の通り、
谷底なのだな、と納得した。
(今思うと、品川なのに、なぜ谷底で納得したのか訳がわからない)

駅に行くにはエスカレータを上るとのことだったので、
乗ってみたものの、

まるでエッシャーのだまし絵のように、
上ったはずのエスカレータが、
なぜか元の階下に戻ってきてしまう。

埒が明かないので、タクシー乗り場を探してみると、
タクシーは階下から乗れるようなので、
あわてて乗り込む。

次のアポイントは本郷三丁目なので、
品川駅まで出るくらいならば、
丸ノ内線が通っている駅まで行こうかしら、
それは東京か、四ツ谷か、

などと考えて、運転手に声を掛けると、

振り向いた運転手の顔が柴犬で、
鼻の周りのヒゲの毛穴が妙に生々しい、

というところで、目が覚めた。

雑記・その他カテゴリの最新記事