年末の歌

年末の歌

このタイトルを見て、
「紅白歌合戦」や「レコード大賞」のことかと思った人もいるだろうけれど、

残念そこはukiyobanareのことなので、
歌と言えば、和歌のことでございます。

年末を詠った和歌を色々と調べていたところ、
俊成のこんな歌が「続後撰和歌集」にあった。

なかなかに 昔は今日も 惜しかりき 年や還ると 今は待つかな

現代語訳してみると、

「若かった頃は、一年が終わるのがもったいない気がしていたけれど、
老いた今では、早く年があらたまって欲しいと思うものだね」

ごくごく平易に詠まれた歌なのだけれど、
現代人からしてみても、割と共感できる。

若い頃は、何となく年末の「普段とは違う感」が楽しくて、
ずっと年末ならよいのに、、と思ったものだけれど、

大人になってからは、年があらたまることで、
(実際はそうではないのだけれども)罪滅ぼしができるような、
その年で悪かったことは全部忘れられそうな、

まぁ言ってしまえば、無責任というか他力本願というか、
でもそうやって「ズルく」なっていくのも、また人間なのであって、

そういう人生の本質のようなものを、
凝った技巧もなくさらりと詠めるのが、
さすが俊成だな、と。

今年あった、あんなことやこんなこともすべて忘れてしまって、
早くリセットしてほしい、、と思う年の暮れであった。

雑記カテゴリの最新記事