十勝川訪泉記

十勝川訪泉記

クリスマスに都会の喧騒に巻き込まれるのを避けて、
恒例となったこの時期の温泉旅行。

とはいっても、今年はカレンダー的に、
23・24日という一泊強行軍なので、
結局イヴ&クリスマス当日は東京ということに。

今回訪れたのは、
モール温泉で有名な北海道の十勝川温泉。

通常の温泉は鉱物系なのだが、
モール温泉というのは、世界でも珍しいとされる植物系のもので、
やや温度は低めで、濁った色が特徴だとか。

今回は、そのモール温泉と食事だけを目的にして、
スケジュール上、観光は無しという旅行となった。


出発前の羽田空港。
クリスマスっぽく賑やかな様子。

羽田空港のクリスマス

最近はフツーの(?)サラリーマンに戻ったため、
ほとんど飛行機に乗らなくなったので、
何となくソワソワします。

JALの飛行機

羽田から帯広までは、約1時間半。
着陸態勢に入ると、眼下には雪の十勝平野が。

何もない・・・。

飛行機から眺めた十勝の風景

とかち帯広空港では素朴なクリスマス飾りがお出迎え。
羽田との差が、遠くに来たことを感じさせます。

とかち帯広空港

空港から温泉までの足としては、
市街地まで30分ほどバスに乗って、そこからさらにタクシー(約20分)に乗るか、
あるいは直接タクシーで行くか(約40分)なのだが、

後者は便利な反面、
金額が8,000円ぐらいかかるので悩みどころではあったが、
早く温泉に浸かりたいこともあり、
そそくさとタクシーに乗り込んだ。

でも、これが正解。

乗せていただいた個人タクシーの運転手さんの話が上手く、
ガイドブックなどを読むまでもなく、
十勝の見所や歴史についてあれこれと聴かせていただいた。

空港での気温はマイナス一度。

東京が暖かいので、相当寒く感じたのだが、
でも帯広としては近年になく暖かく、異常気象の部類だと。

途中、タクシーの窓から景色を眺めても、
ひたすら広がる、十勝平野。

十勝平野

十勝平野

食用の米は獲れないらしいのだが、
酪農と畑作がとにかく盛んで、
広い土地を活かして、年収億単位の人も大勢いるとか。

楽しい話で、あっという間に宿に着く。

十勝第一ホテル

温泉は褐色の湯で、評判どおりなかなかのもの。

露天風呂からは十勝川の風景も眺められて、
湯上りの「あずき茶」が、これまた旨い。

部屋から撮影した、十勝川に架かる白鳥橋の、
時間ごとの様子。

夕方の白鳥橋

明け方の白鳥橋

ライトアップされた白鳥橋

朝の白鳥橋

お待ちかねの料理は、
十勝ならではの乳製品や、玉ねぎやじゃがいも、
そして十勝牛に自家製のパンと至れりつくせりで、
お酒は十勝ワイン「清見」の赤をセレクト。

十勝ワイン・清見

国産ワインというと、
やたらと甘かったり薄かったりで、
どうも受け付けなかったのだが、

この「清見」も見た目はかなり薄い印象で心配だったところ、
飲んでみたら、かなりしっかりのフルボディで大満足。

ラベルにも描かれている醸造所(「池田ワイン城」)には行きたかったのだけれど、
今回は時間がなく、、残念。

翌朝はバスで帯広の市街地へ。

帯広駅

帯広駅前

途中、小学校の校庭や百貨店前の広場でも、
フツーにアイススケートが行われていて、なんか新鮮。

ここでの目当ては「六花亭本店」。

帯広の六花亭本店

あまり書くと、
「なぜお土産を買ってこないのか」というクレームに巻き込まれそうなのだが、

バターサンドしか食べたことのなかった自分としては、
ここでもかなり満足。
そして、店員さんの接客も素晴らしい。

せっかくカフェが併設されていたのに、
これまた時間の都合で断念せざるを得ないのが心残り。

空港行きのバス乗り場まで繁華街を歩いてみたのだが、
勿論札幌ほどではないにしても、
飲食店がかなり豊富で、驚かされる。

そういえば行きのタクシーの運転手さんが、
帯広には乳業関係の本社がいくつかあるので、
出張者向けのホテルや飲食店はいつも満員だと言っていたのを、
思い出した。

活気のある地方都市というのは、応援したくなる。

空港では、帯広名物の「豚丼」をしっかり食べた。

十勝の豚丼

昔、静岡から入植した人たちが、
鰻の代わりに、豚を蒲焼にしたのが始まりとのこと。

山椒をかけていただく。
絶妙な歯ごたえで、言うことなし。

とかち帯広空港でのお見送り

ということで、あっという間の1泊2日だったが、
帯広は、是非また訪れたいと思わせてくれる街だった。

雑記カテゴリの最新記事