NHK特集「シルクロード」

NHK特集「シルクロード」

NHK特集「シルクロード」
1980年代に全12回で放送された、
伝説の番組「シルクロード」を、
NHKオンデマンドで視聴した。

我々日本人の民族的ルーツには、
まだ定説はないが、

文化的ルーツとしては、
中国が絶対的な存在であり、

そしてその中国の文化を考察するにおいては、
「シルクロード」による、
西域との関係を無視することはできない。

いや、無視することができないどころか、
文化だけではなく、政治面においても、

漢民族の王朝にとっての、
最重要課題は、「西域異民族との対峙」、
これに尽きるわけで、

昨今のウィグル問題も、
(実情はよく分からないながらも)
その延長と捉えることができるだろう。

つまり、中国とその周辺諸民族との、
交流と攻防こそが、
「アジア全体の歴史の肝」と言ってもいい。

ソビエト崩壊後、
中央アジアにもいくつかの国家が誕生したが、

それでもまだ、「中国国内」には、
様々な民族の生活と文化が息づいていることを、
この番組は教えてくれる。

そして、昨今の中共の状況をうかがうに、
現代ではこのような番組を撮ることは、
ほぼ不可能であり、

まさに貴重な映像が収められた、
ドキュメンタリーである。

西安からカシュガルまで、
タクラマカン砂漠、パミール高原といった、
まさに「天然の要塞」を越える旅、

現代の装備を以てすら困難であればあるほど、
玄奘をはじめとした、古代の人々による、
苦難のほどを思い知らされる。

この番組の主眼は、
「かつてのシルクロード」を知らしめるだけではなく、

「今のシルクロード」を知れることにも、
あるのではなかろうか。
(「今」といっても、既に40年前だが)

様々な顔つきの人々が、
異なる言葉を話し、異なる音楽を奏で、
異なる生活をしている、

そのバラエティに富んだ世界が、
「シルクロード」という一本の道に沿って、

過去から現代に至るまで、
息づいているさまを知ることができる。

この番組撮影から40年、
中国内の情勢はだいぶ変わったとは思うが、

ここに収められた人々やその子孫たちが、
今も変わらずその生活や文化を伝えていると、
信じたい。

ただ、この番組で語られているのは、
あくまでも歴史のほんの一部であり、

表舞台に登場することもなく、
滅んでいった民族や国も数多くあるはずで、

この番組をきっかけにして、
それらについても知りたいと思っている。

いま学ぶべきは中央アジア・・・
その想いをますます強めてくれた。

※あと、これは愚痴だけれども、
真面目にNHKの視聴料を払っている人には、
オンデマンドを無料開放してくれないかしら・・

雑記・その他カテゴリの最新記事