Curiosity

Curiosity

何やらショッピングセンターのような名前の付いたこのローバー。

300m・1tという巨体を、
無事着陸させたアメリカの技術はさすがではあるが、
2000億円もかける価値があるかどうかは、
はなはだ疑問だ。

火星には何十年も前にバイキングが着陸しているし、
このブログでも紹介した先輩のローバー、Opportunityも、
いまだ健在である。

現代の科学は、理論・予想がまずあり、
それを実験・観察で裏付けるという流れが主流だ。

20世紀のはじめに、相対性理論・量子論が生まれてからは、
理論・予想が大幅に先行しており、
あとはいかにしてそれを実証するか、
というのが、科学の使命だと言ってもよい。

先日のヒッグス粒子も、然り。

いまどきの科学の書物では、
ヒッグス粒子は「当然あるもの」として書かれているぐらいだから、
個人的には「まだ発見されていなかったんだっけ?」という感じだった。

つまり、実証されているかどうかにかかわらず、
「科学の眼」が行き届いていない場所は、
極めて少なくなってきている。

そんな中で、「ご近所」の火星から、
驚くべき事実が見つかるのだとしたら、
タコ型の火星人を発見したときぐらいだろう。

何百年後に実現するかは分からないが、
NASAが本気で火星への移民を計画しているのであれば、

この機会に地球の動植物を、
火星に持ち込んでみるぐらいのことをしてもよいはずである。

それぐらい火星への探査機着陸というのは困難であり、
何度もチャンスのあることではないのだ
(現にソ連は一度も成功させていない)。

だから、いまさら巨大なローバーを、
派手なパフォーマンスとともに送り込むのは、

ちょうどオリンピックに合わせた、
アメリカお得意の国威高揚のアレだと思えてならない。

「curiosity」=「好奇心」。

このネーミングが皮肉ではないことを、祈りたい。

科学カテゴリの最新記事