エネルギーの話

エネルギーの話

ちょっとSFっぽいけど、マジメな話。

どうあがいても、
地球は45億年後には滅亡せざるを得ないわけだが、

ヒトの文明を少しでも長く続けさせるために、
解決すべきはエネルギー問題だと言われている。

地球という「系」で考えてみれば、
これだけの熱量を毎時毎日ガンガン消費していれば、

いかにして効率よくエネルギーを利用するか、
というのがヒト文明存亡の最重要課題だということは、
容易に想像がつくだろう。

もしも恒星間航行に成功している文明があるとしたら、
その星はエネルギー問題を解決しているに違いない。

まずはその星全体で、
国や文化の違いなどによる差別化が生じることなく、
公平にエネルギーを利用できる状態にし、

さらにはその惑星系の太陽から、
十分なエネルギーを享受していることだろう。

地球の周りに巨大な太陽光発電パネルを張り巡らし
(そしてそれが小惑星に対するシールドになればなおよい。
今月だけでも危険な小惑星が2度も地球に近づいていた)、

そこから得られたエネルギーを、
国家の壁を越えて使えるようにすればよい。

そのためには、国家間で、ましてやどこかの国のように一国内で、
エネルギーに関する対立が生じているようでは、
こんな理想はまだまだ先である。

ただ、今までにほとんど見られなかった、
エネルギーに関する議論が生じてきたというのは進歩ではあるし、

これを機に、
「惑星レベルでのエネルギーの有効活用」というところまで考えてくれる人が、
もっと増えればよいのであるが。

別に原発を悪いとは思わない。

言ってしまえば、太陽だって巨大な原子炉なわけだから、
原子力エネルギーが効率のよいことは、はっきりしている。

問題は、そのリスクを曖昧にせず、
一部の阿呆が利権に走ることなく、
地球レベルでのコンセンサスを得た上で、運営すればよい。

エネルギー問題というのは、環境問題と同じく、
地球全体で取り組むべきレベルであり、

○○電力がどうのこうのとか、
そんな次元で話をしていたのでは、
人類の未来は甚だ暗いと言うべきであろう。

科学カテゴリの最新記事