ジャガー vs ワニ(カイマン)

ジャガー vs ワニ(カイマン)

ナショジオの写真に、セリフを入れてみた。

 

ジャガー vs ワニ
ジャガー vs ワニ
ジャガー vs ワニ
ジャガー vs ワニ

さて、まず驚くべきことは、
ジャガーがワニを襲って食す、ということである。

「あら、うちのネコちゃんだって、よくヤモリなどを弄んで食べますことよ、オホホ・・」

というのとは、わけが違う。

自分の体長よりも大きな肉食動物を、単独で狩ってしとめるというのは、
野生の世界、恐るべし、としか言いようがない。

つい6500万年前までは、爬虫類が狩る側であり、哺乳類が狩られる側であった。

恐竜たちが闊歩する昼間は、哺乳類にとっては魔の時間であり、
したがって、活動の場を夜間に絞らざるを得ず、
哺乳類が聴覚や嗅覚を発達させたのは、行動が夜間に限られていたからだ、というのが最早定説である。

中生代末のカタストロフィを経て、新生代へ移る。

新生代とは、かつてない混乱の時代である。

哺乳類・鳥類・爬虫類がサバイバルゲームを行い、
挙句の果てには、ヒトのような、厄介者までも登場してしまう。

ヒトは哺乳類であるにもかかわらず、
爬虫類は喰わない、同族である哺乳類を食すことを至上としている、残酷な存在である。
もちろん、鳥も喰う。

古生代や中生代には、喰う・喰われるのルールのようなものがあった。
それが新生代にはなくなった。
「Might is right」。力こそが正義である。

だから僕は、この写真を見て、非常に複雑な気持ちになる。
その複雑さというのは、生物の力関係についての神秘、といってしまえば恰好よく聞こえるが、
生態系におけるエントロピーの増大とでもいおうか、
なぜかただならぬ不安のような感覚になる。

いまエントロピーという言葉を使ったが、
地球という系を考えた場合、あらゆる視点におけるエントロピーが急激に増大していることが、
とても気になっている。

それはヒトのせいなのか?
いや、ヒトがいなくてもそうなっていたのか?
そもそも、ヒトの誕生自体が、エントロピー増大の引き金だったのか?

そしてまた、科学は哲学の領域へと突入する。

地球、そして宇宙の歴史というのは、かくも謎だらけである。

科学カテゴリの最新記事