太陽の磁場異変

太陽の磁場異変

恒星にせよ惑星にせよ、内部活動が活発な天体には、
磁場が発生する。

磁場の発生はダイナモ理論で説明ができ、
地球の場合は、流体の金属である外核が流動することにより、
磁場が発生している。
巨大な電磁石のようなものを想像すればよいだろう。

多少メカニズムは異なるが、
太陽でも同様に磁場が発生しており、

約11年の「太陽周期」ごとに、
北極・南極の磁場は反転をしていた。

次の磁場反転は、
今年(2013年)の5月が予想されていたのだが、

約1年前から、早くも北極は反転にそなえて磁場を失い始めたものの、
南極はそのままだった。

そして、2013年の現在になっても、
南極側の磁場に変化はなく、

現在、北極・南極ともに「プラス極」という、
奇妙な事態に陥っている。

このように、スムーズに磁場反転が行われないのは、
地球のような岩石惑星とは異なり、
太陽内部の物質がプラズマ化しているために、
複雑な自転の影響を受けているのが原因と思われる。

直接調べることができないために、
恒星の内部構造には、謎が多い。

ましてや、観測できる恒星のサンプルとしては、
太陽ひとつしかないのである。

なので、今回のような事態が、
地球にどのような影響を及ぼすのかは、
よくわからないというのが実情だ。

ポール・シフトや、氷河期の到来など、
地球上で定期的に起きているインジデントは、
もしかしたら、このような複雑な太陽活動の影響なのかもしれない。

科学カテゴリの最新記事