コメディ

1/2ページ

映画「シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜」

2012年のフランス映画。 レストランの舞台裏を題材にした、 よくあるタイプの映画なのだけれど、 コメディ要素とドラマ要素が、 ちょうど良くミックスされていて、 映画の楽しさを堪能できる。 間違いなく、オススメ。 ただ、僕の好きなディズニー映画、 『レミーのおいしいレストラン』と、 似ているというか、 いや、、、そのまんまというか、 もちろんネズミは出てこないけれど。 コロナ禍でゆっくりと外食もで […]

映画「Viva!公務員」

2015年・イタリアのコメディ映画。 原題は「Quo vado?(どこへ行く?)」で、 かの有名な「Quo vadis?」(こちらはラテン語)を、 もじったのだと思う。 主人公のケッコは、 独身で両親と暮らすアラフォーの公務員。 リストラ対象となるが、 頑として退職届にサインはせず、 嫌がらせである僻地への左遷も、 率先して受けて入れていた。 しかし、次の辞令は北極圏である、 ノルウェーの基地への […]

映画「ノンストップ・バディ 俺たちには今日もない」

2014年ドイツの、コメディ&アクション映画。 各サイトでの評価がそれなりに高かったので、 少し期待して観てみたのだが、 これ、面白いか? いや、全然だろ、 というのが、正直な感想。 主人公は平凡な家庭を持つ、 真面目な銀行マン。 ある日、店に押し入った強盗に人質にとられ、 犯人と逃亡生活を送ることになる。 そのうちに二人は意気投合し、 銀行マンは、犯人のストレートな生き様を目の当たりにすることで […]

映画「ペントハウス」

ベン・スティラー、エディ・マーフィーという、2大コメディ俳優による2011年のアメリカ映画。 ただ、期待していたほどコメディ要素はなく、劣化版「オーシャンズ11」という感じかな。 ベン・スティラー演じる主人公は、富豪達が住むタワーマンションのマネージャー。 住人の一人が金融絡みの疑惑で逮捕されたのをきっかけに、主人公を含めた数人が解雇されるのだが、 逮捕された住人の部屋に忍び込んで、大金を盗む計画 […]

映画「あまくない砂糖の話」

遂にロジャー・ペンローズが物理学賞を受賞した、 今年のノーベル賞。 かつて文学賞を受賞した川端康成による、 「美しい日本の私」 という講演のタイトルは、 「美しい日本」の私、なのか、 美しい「日本の私」なのか、 あるいはその両方なのか、 という問題を孕んでいたわけだが、 大江健三郎による同記念講演のタイトル、 「あいまいな日本の私」 が、そのオマージュであり、 まさにタイトル自身により、 日本語の […]

映画「ジョニー・イングリッシュ」

お馴染みMr.ビーンこと、 ローワン・アトキンソン主演の、 「007」シリーズをネタにしたパロディ。 2作目・3作目は、既にこのブログでも紹介済みで、 これは第1作目。 うん、細部まで凝ってるし、 よく出来てますよね。 ストーリーとしてはちょっと重たくて、 フランスの富豪が英国王になろうとするのを、 阻止するという話なんだけど、 世界史の授業で習った方も多いとは思いますが、 ヨーロッパの王室という […]

映画「ゲットバッカーズ」

2014年のアメリカ映画。 うだつの上がらない記者、 すぐカッとなり犯人を銃殺する警官、 売れない若手女優、 出所したばかりの中年女性、 バーボン大好きの神父、 足を洗いたいチンピラたち、 ・・・・・ ・・・ ひとクセある人物たちの物語が、 細切れに描かれていくのだが、 それらが謎の作者による啓発本を媒介にして、 徐々につながっていく、というお話。 コメディ&ヒューマンドラマ的な要素がメインなのだ […]

映画「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画」

2011年のアメリカ映画。 トークは冴えるけれど、 私生活はうまくいかない保険販売営業マンが、 とある顧客を騙して、 高価なヴァイオリンを手に入れようとするが、 思わぬ犯罪に巻き込まれてしまい、 二転三転する状況に奮闘するお話。 前半はコメディタッチで軽快に進むが、 ある事件をきっかけとして、 サスペンス色が強くなり、 そして最後の10分で、 大胆な伏線の回収が待っていて、 思わず、やられた!と叫 […]

映画「ゲーム・ナイト」

2018年のサスペンス・コメディ。 こないだ観た「パニック・フライト」と、 レイチェル・マクアダムスつながりでこちらも鑑賞。 クイズ大会で知り合った主人公夫婦は大のゲーム好きで、 週末は家に友人を招き、ゲームに興じていた。 ※ここでいう「ゲーム」とは、 ジェスチャ・クイズとかボードゲームとか、 そういうアナログなやつです。 ある晩、夫の兄の家に集まった際、 犯人役の俳優を雇い、誘拐ゲームをすること […]

映画「Black&White/ブラック&ホワイト」

年に数回訪れる、「バーボン飲みたい症候群」と重なったので、 軽そ~な映画をチョイスしてみたら、 これが大正解。 ※ただし、バーボンは軽い酒ではない。 ラブ・コメディとスパイ・アクションを足して3で割ったような、 今までありそうでなかった作品。 クリス・パインは、最近のスタートレックシリーズでお馴染みの、 言わずと知れたイケメン。 (「デカい船の船長だ」と言っているのは、そのことか?) その相棒役の […]