サスペンス・スリラー・ミステリー

1/24ページ

映画「Dot the i ドット・ジ・アイ」

2003年、米・英・西合作のサスペンス。 90分程の尺のうち、 最初の60分はよくある、 というか平凡な恋愛ドラマ。 でも最後の30分で、 急に話が動き始めて、 騙し&騙され、二転三転、 ドンデン返し付きのサスペンスとなる。 ヒロインの名前が、 カルメンというのも、 まぁ、納得というか(笑)。 ストーリーを紹介すると、 そのままネタバレになるので、 あまり書けないけれど、 恋愛ドラマ部分だけいえば […]

映画「リトル・シングス」

2021年USのサスペンス・スリラー。 女性ばかりを狙った、 連続殺人事件を追う、 デンゼル・ワシントンという、 まぁよくある、 ハリウッドのテンプレートなわけですが、 なんだろう、展開が遅い分、 ジワジワ感が盛られているのと、 最後の謎解きが、 イマイチすっきりせず、 いや、むしろ、 何回巻き戻して観ても、 ??な感じになっているのとで、 結論としては、 重厚感&見応えある作品になってますかね。 […]

「硝子の塔の殺人」(知念 実希人)

最近、ミステリーを読む心の余裕?がなく、 前から気になっていた本作を、 ようやく読むことができた。 プロローグでいきなり、 犯人の独白から始まるのが意外で、 そこからその犯人視点で、 なぜ、どのようにして殺人を犯したのかが、 描かれていくわけだが、 やがて犯人が予想もしていなかった、 第二、第三の殺人事件が起こる。 自分以外にも殺人犯人がいる、、 自分はバレないだろうか、、 どうやってそいつに自分 […]

映画「バンク・ジョブ」

2008年、英国のサスペンス・アクション。 1971年にロンドンで起きた、 銀行強盗事件をネタにしているらしんだけど、 これはすごいな、 現実はサスペンスより奇なり、 というか、 これは相当なアタリ作品。 ジェイソン・ステイサム主演なのだけれど、 ハゲな、いや、派手なアクションは皆無で、 王室の秘密を消し去るために、 銀行の貸金庫強盗を操る、 MI-5だかMI-6だかの政府組織、 とりあえずはそれ […]

映画「1408号室」

2007年US、スティーブン・キング原作の、 スリラー映画。 いわゆる「不条理スリラー」ってやつだが、 このジャンルには、 ナイト・シャマラン先生がいますからねぇ…。 ちょっと大味すぎる、 というのが、正直な感想。 一応、ストーリーを紹介しよう。 オカルト作家のマイク(ジョン・キューザック)は、 いわゆる「幽霊ホテル」に泊まり、 レポートすることを仕事にしていたが、 ある日、 「NYのドルフィンホ […]

映画「私は確信する」

実際の事件をネタとした、 2018年、フランスの法廷サスペンス。 大学教授ヴィギエの妻スザンヌが、 突然の失踪。 ヴィギエが犯人なのではと疑われ、 マスコミも騒ぎ立てるが、 一審は無罪。 それを不服とした検察側が、 異例の控訴を行い開かれた、 二審がこの映画のメインとなる。 弁護側は、 スザンヌの愛人が怪しいと睨み、 彼の通話録音を綿密に解析するが、 決定的な証拠が掴めない。 かといって、 ヴィギ […]

映画「ウッドランド」

2018年カナダのスリラー映画。 写真家の主人公が、 「北のガラパゴス」と呼ばれる孤島に、 冬の監視員として滞在することになる。 相棒は、現地に住む初老の男性のみ。 妻と別れた罪悪感に苛まれながらも、 島での生活に慣れようとするが、 ある日、自分の撮った写真が、 未来を写していることに気づく。 そこには、相棒の男性が、 死亡している写真もあり、 嵐が上陸する前夜、 避難所に籠もりながら、 そのこと […]

映画「ディナーラッシュ デジタルリマスター版」

2000年USのサスペンス・ドラマ。 舞台はNYで人気の、 イタリアンレストラン。 まぁ、レストランを舞台にした映画は、 鉄板(焼き、ではない)です。 シェフ、厨房、オーナー、 ホール係、そして客。 「レストラン」という、 一つの舞台であっても、 実は様々な「世界」が共存しているわけで、 そのそれぞれの「世界」での、 それぞれの人間ドラマを、 絶妙な感覚で並立させている、 脚本はさすがです。 そし […]

映画「ザ・ハント」

2020年USのスリラー映画。 気が付いたら森の中で、 猿轡をされていた、 11人だか12人だかの男女が、 「人間狩り」から逃れるサバイバル。 冒頭から大多数が、 結構派手な殺され方をするわけで、 グロとまではいかないが、 かなり痛々しいシーンが多いので、 苦手な方はご注意を。 特にストーリーはないのだが、 一応最後はスカッとするし、 単純なハラハラ・ドキドキ系の娯楽としては、 まずまずだと思う。 […]

映画「ザ・ゲスト」

2014年、USのスリラー映画。 戦死した長男を悼む、 とある家族。 そこに、その長男と戦友だったという、 謎めいた男が訪れる。 しかも、超&超イケメンで、 物腰柔らかな好青年。 あっという間に家族の信頼を掴むが、 同時に不審な事件も頻発するようになり、 彼を怪しんだ長女が、 軍に彼の身元を照会すると、 実は彼は既に死んでいることが分かり、 次第に彼も本性を現してゆく・・・ というお話。 間違いな […]

1 24