小説

1/9ページ

「そして誰もいなくなった」(アガサ・クリスティー)

孤島に集められた10人の男女が、 何者かに一人ずつ殺されてゆく・・・ という、 現代のミステリーで定番となった設定の、 まさに原点ともいえる作品で、 少年時代に読んで、 とにかく、怖い、 という印象だけが残っていたが、 ディテールはすっかり忘れていたので、 懐かしさを感じながら読んでみた。 童謡の歌詞どおりに、 一人ずつ消されてゆくというストーリーは、 謎解きというよりも、 確かにスリラー要素の方 […]

「名探偵が多すぎる」(西村 京太郎)

鉄道ミステリーで有名な作者だが、 これは別府へ向かう客船が舞台。 しかも、 明智小五郎、エラリー・クイーン、 エルキュール・ポアロ、ジュール・メグレ、 という、 (フィクション界での)名探偵4人に、 アルセーヌ・ルパン、怪人二十面相といった、 こちらも(フィクション界での)名怪盗がタッグを組んで、 知恵比べを挑む、というストーリー。 密室トリックが2つもあるという点に惹かれて、 この作品を読んだわ […]

「猿丸幻視行」(井沢 元彦)

古典和歌を題材としたミステリーということで、 自分としては読まないわけにはいかなかった。 主人公は、製薬会社の新薬の実験により、 1900年代初頭の、 あの折口信夫の意識と同化することになる。 (この設定必要?) 以降は、折口を探偵役とし、 柿本人麻呂、猿丸太夫、 そしていろは歌を繋ぐ暗号を解読する、 という物語が展開される。 うーん、期待には遠く及ばず、 ズバリ、「中高生向け」というレベルかなぁ […]

「ねじれた家」(アガサ・クリスティー)

この作品の映画があるのを知り、 観る前にまずは原作を読んでおこうと。 大家族が住むお屋敷で、 資産家の老人が殺害される、 というお決まりの設定ではあるが、 家族それぞれに動機があったり、 アリバイがなかったりする中で、 「犯人当て」の醍醐味を味わうことができる。 特に残り10%近く、犯人が逮捕され、 無事解決と思っていたところで、 第二の殺人が起こり、 ラストに向けて目まぐるしく展開していくあたり […]

「検察側の証人」(アガサ・クリスティー)

なんとなくミステリーが読みたくなり。 アガサ・クリスティーは、 少年時代に随分読んだ気がするのだが、 この作品は知らなかったので、 Kindleでポチってみたところ、 元々は短編小説であるらしく、 それを脚本化したのが本作とのこと。 脚本は読み慣れないのと、 どうせなら小説版がよかったなー、 と思いながら読み進めたのだが、 逆に脚本版の方が、 無駄な説明がないというか、 すべての描写を、 基本的に […]

「光と風と夢」(中島 敦)

漢籍や歴史の登場人物を主人公としたうえで、 彼らに「近代的」ともいえる自我を持たせ、 人生や芸術について葛藤する姿を描く、 というのが、 中島敦の得意な創作パターンであるが、 この「光と風と夢」は、 「宝島」や「ジキル博士とハイド氏」の作者として有名な英国の作家、 スティーブンソンによるサモア滞在中の日記という形式をとっている。 はっきり言って、 ストーリーらしきものは、ほぼない。 描かれているの […]

「あなたに似た人〔新訳版〕 I・Ⅱ 」(ロアルド・ダール)

第一次世界大戦中に生まれた、 英国の作家、ロアルド・ダール。 ジョニーデップ主演の映画、 『チャーリーとチョコレート工場』 の原作者と紹介した方が早いかもしれない。 世界一有名な短編小説の名手とも評されるらしいが、 恥ずかしながら、今回読むまでは知らず。。。 ただ、今回この2冊の短編集を読んでみて、 なるほど、これはさすが、ということぐらいは、 普段小説を読まない僕にも納得がいった。 ストーリーと […]

「木曜日だった男」(チェスタトン)

チェスタトンといえば、 「ブラウン神父シリーズ」で有名だが、 あちらが本格的な推理小説なのに対し、 この『木曜日だった男』は、 どちらかといえば冒険活劇に近い。 ネタバレしない程度にストーリーを紹介しよう。 とある無政府主義者集団の各リーダーたちには、 日曜日を議長とし、月曜日~土曜日という名前が付いている。 その7人が集まる会議に、 主人公の刑事が「木曜日」のフリをして潜り込むことに成功し、 そ […]

「人狼城の恐怖 第四部完結編」(二階堂 黎人)

思えば昨年のGWに、 有栖川有栖による密室紹介みたいな本でこの作品を知り、 ただ、そのあまりの長編ぶりにビビッて、 いつかゆっくり読もうと思っていたのに、 こんなに早く読破できるとは。 思えば2019年は、上記の本のせい(おかげ?)で、 主に密室系のミステリーに目覚めたわけだが、 その中には、いわゆる「四大奇書」のうち未読だった、 『虚無への供物』と『匣の中の失楽』も含まれていて、 そしていま『人 […]

「人狼城の恐怖 第三部探偵編」(二階堂 黎人)

第一部・第二部にて、 二つの人狼城での猟奇事件の話が終わり、 この第三部では、 いよいよ日本の名探偵・二階堂蘭子が登場する。 二階堂蘭子の人物紹介やら、 彼女たちが語るやや形而上学的な話やら、 また、読者は既に承知済みの第一部・第二部の内容を、 蘭子たちが知っていく過程も描かれるので、 第三部に入って、 かなりペースダウンした感は否めない。 ただ、いきなり解決編が示されるわけではなく、 まるで読者 […]

1 9