久米桜酒造 「強力」(特別純米)

久米桜酒造 「強力」(特別純米)

こんなことを書いてしまうと、元も子もないのだけれど、
純米酒であれば、基本、マズイ酒はない。

というか、酒好きの悲しい性で、「マズい」と思うことがほとんどない。

つまり、基本「ウマい」酒の中で、
さらにどれだけのお気に入りを見つけられるか、ということになるのだけれど、

僕のような庶民はそんなに数多くの酒を飲むことはできないので、
おぉ、これは!という酒にはなかなか巡り会わない。
(それがまた良いのかもしれないが)

でもこの「強力(ごうりき)」は、おぉ!これは!と思える久々の酒。

これは嫁を質に入れてでも(このフレーズ結構好き)、飲むべき酒でしょう。

昨日、大手饅頭を買いに岡山県のアンテナショップに行ったのだけれど、
そこは鳥取県のも兼ねていて、

店頭で、「日本酒&Beer20%引き!」というのがやっていたので、
モノ欲しそうにみていたら試飲を進められ。

そこで一目惚れならぬ、一舌惚れ(なんかエロい)といういうべきか、
とにかくこれは旨いっっ!となり、買ったのが、この「強力」。

鳥取県は伯耆町の久米桜酒造のですが、
「強力」というのはお米の品種だそうで、絶滅して長らく経っていたのを復活させたらしく、
「山田錦」同様、純ジャポニカ米なのだとか。

味は、一言でいえば「キレがある」のだけれど、
冷やして飲めば、まるで命の水。

今日家で、鍋料理と一緒に飲んだのだけれど、
猪口の5分の1ぐらい酒が残った状態で、
鍋のスープ(鶏ベース)をそこに入れて飲むのが最高。

まぁこれはこの酒でなくてもイケるのかもしれませんが、
上海蟹の殻に紹興酒を入れた飲んだときと同じぐらいの、
衝撃と感動だった。

これは追加で購入することを検討中。


カテゴリー: