菊池酒造 「燦然(さんぜん)」(特別純米)

菊池酒造 「燦然」(特別純米)

先日から燦然、いや、散々紹介している岡山県のアンテナショップで買った、
倉敷の菊池酒造の純米酒。

「雄町」という地元の酒米を使っているそうだ。

例えば山田錦に代表されるように、
他の地方から米を取り寄せて酒を造る、ということがもはや一般的になってはいるが、
やはりそこは、地元の米で作った方が、有難味がある。

この「燦然(さんぜん)」は、結構甘口ではあるが、
決して品のない甘さではなく、上質の吟醸酒のような(精米度合は65%なので高くはないが)、
いくら飲んでも飲み飽きない、そんな甘みである。

今回学んだことは、酒はやはり量販店ではなく、
おそらく東京に全道府県分あるであろう、各道府県のアンテナショップで地元の酒を買うのが、
一番旨い酒に出会える確率が高いということだ。

早速今週末から、まわることにしよう。
さて最初は、どこの県にしましょうか。


カテゴリー: