ブラックニッカ8年

ブラックニッカ8年
ブラックニッカ8年

この画像は、アサヒビールの販売ページから拝借してきたのだけれど、
なぜこんなにキタナイ画像を使っているのだろう・・・。

うまくパスを書けない人が切り抜いたとしか思えん(´・ω・`)

さて、たまにはジャパニーズ・ウィスキーも良いな、と思い、
この「ブラックニッカ8年」を買ってみた。

もともと、通常の「ブラックニッカ」自体も、嫌いじゃない。
いわゆる「国産大衆ウィスキー」の中では、一番旨いとも思ってる。

そのブラックニッカシリーズの兄貴分ともいえる、この「8年」。
金額も少し高いだけで、十分に「安ウィスキー」の資格を満たしているため、
これは!と思って飲んでみたわけだ。

「白州」とか「山崎」クラスになれば、「~年」と銘打ってもサマになるけど、
「ブラックニッカ」レベルで「8年」って、どうなの?という不安もあったのだが・・・。

これは、アリ。
クセや個性は皆無だけれど、濃厚で柔らかな風味は、十分なコストパフォーマンスだと思う。

1,000円前後のものだと、海外モノでも当たり外れが大きいけれど、
これなら安心して飲める。

個人的には、これはストレートでいく。
でも、好きな人はハイボールもいいのかもしれない。

カテゴリの最新記事