LONG JOHN

LONG JOHN
LONG JOHN

日本語の公式サイトまであるではないか。

「1本1,000円以内の安ウィスキー」を紹介するという値段設定を外したのは、
お伝えしたとおり。

といっても、この「ロングジョン」は、1,300円(笑)。

300円の差にワクワクしながら、まずはストレートでいってみる。

薫りは、かなりピート臭がきつく、スモーキー。
これは間違いなく、ラフロイグのそれだ!

色々調べてみると、ロングジョン自体はブレンデッドなのだが、
約30種類のブレンドの中に、ラフロイグも含まれているとか、いないとか。

なるほど、、と思いながら、一口啜ってみると、
んーーー、、、甘い。。。

例の公式サイトによれば、「味わい」の項目に、

ドライでスパイシー、甘くスモーキー、まろやかな飲み口で芳醇な味わい

とあるのだが、「ドライでスパイシー」と「甘く」「まろやか」って、
果たして両立するのか??

ここで何度も書いているように、ホント、味覚を表す言葉って、いい加減なものです。

ただ、1,000円以内の面々と比べれば、さすがにベターという感じはする。

カテゴリの最新記事