「THE RADICLE」(TIM DELUXE)

「THE RADICLE」(TIM DELUXE)
THE RADICLE

通販ではなく、店で、しかも発売日に新譜CDを買うという、
僕としては何ともレアな行動をしてしまった。

新宿のレコード店、いやCDショップといえば、
マルイの地下にあったヴァージンか、高島屋の上にあったHMVだったのだけれど、
両方ともすでに潰れて今はなく、
調べてみたら、ルミネエストの中にHMVがあるらしいので、そこに行ってみた。

ルミネエストに、40手前のおっさんが一人で足を踏み入れるのには、
多少の勇気が必要だったけど、さっと買って、さっと脱出しました、ハイ。

ティム・デラックスは、こないだの東京マラソンを3時間台で完走したらしく、
新譜のプロモーションとしては、上々の結果だったのではないだろうか。

現に、僕なんかにも購買行動を取らせることができたわけだし。

某76.1MHzのラジオ局で、毎日のようにこの「THE RADICLE」(「幼根」の意味らしい)に収録されている、
「CAPTAIN,CAPTAIN」がかかっていて、
不思議というか魅力的なサウンドに興味が湧いて、思わず買ってしまったのです。

もともと、ディープ・ハウスが大好物だった自分なので、
この「THE RADICLE」の各曲の、アンビエントというかJazzyなカンジがとても心地よく、
深夜にウィスキーを舐めながら聴くには、ちょうどよい。

とはいえ、そこはティム・デラックスなので、基本はダンスミュージック。

矛盾しているようだが、「踊らないダンスミュージック」とでも呼ぶべきかな。

ちょっとミニマルな要素とかも見え隠れしてたりで、
じっくり聴いてもそこそこ楽しめると思う。

音楽カテゴリの最新記事