2011年12月

diary 2011/12

・2011年12月31日(土) そういえば今日は土曜日。 雀が超低空飛行で、目の前を飛び去っていった。 そんな感じで今年も過ぎてった。 ・2011年12月30日(金) 社内で仮眠。 何故か蝉を食わされる夢を見る。 13:30帰宅。16:00出社。 スタバの珈琲をこぼす。 ・2011年12月29日(木) 気付いたら左手の人差し指が1.5倍ぐらいに腫れている。 青紫で、別の生き物のようだ。 当然、痛む […]

タイムマシン

真偽はともかく、光速よりも速い粒子が発見され、 タイムマシンが実現に近づいたと、最近話題になった。 光速を超えると、なぜタイムマシンが可能になるのか。 遠くで爆発が起きたとしてみよう。 その距離が十分離れていれば、 まずは目に爆発の光景が飛び込んでくる。 これは光による情報伝達だ。 それから少し遅れて、今度は爆音が耳に飛び込んでくる。 これは音による情報伝達だ。 仮に光よりも速い粒子があり、 何ら […]

「地球外生命を求めて ~宇宙は生命にあふれているのか?~」(マーク・カウフマン)

Xファイル的なひやかし本かと思いきや、 ところがどっこい(死語)、真面目なサイエンスの本である。 ある種の細菌は、 とても生物が生存できないと思われていた環境でも、 平気で暮らしていることが次々に明らかになっており、 広大な宇宙において、 地球以外に生命はいない、と思う方が、 もはや難しくなってきている。 僕もそう思う。 少なくとも我々の太陽系は、 かなり恵まれた環境ということもあり、 火星やエン […]

「東京日記 他六篇」(内田 百間)

20代の頃とかは、 百間のことを懐古趣味の地味な小説家だな、、 とぐらいしか思っていなかったけれども、 最近読み直してみると、これが凄い。 師の漱石なんかを遥かに上回る力量の持ち主だと思う。 文章のリズム、研ぎ澄まされた感覚、 それらはやはり漱石仕込みの俳句の追究に由来するのだろう。。 そして、この本に収められた作品、どれも怖い。 『サラサーテの盤』なんて、 最後の五・六行だけで、読者の恐怖心を一 […]