2016年6月

1/2ページ

diary 2016/06

・2016年6月30日(木) 「死ぬほど忙しい」という表現は違和感ないけど、 「忙殺」という語は、実はかなり強烈だと思う。 「忙シサニ殺サレル」と受身として解釈すべきなのだろうが、 この語が出来たときには過労死なんて概念はなかっただろうし、 言わば、「迫りくる得体の知れない恐怖に殺される」的な不気味さがある。 ちなみに「悩殺」って語も、文字面だけみるとオソロシイのだけれど、 なぜかお色気的ムードが […]

映画「ユージュアルサスペクツ」

  20年前に観たときには、「これは人生で5本の指に入る映画だわ」と思ったけれど、 それからの鑑賞作品数が劇的に増えた今でも、 その思いは変わっていない。 当然、DVDも持っているわけだけど、 久々に観ようとしたら、うまく再生されない・・・。 CD同様、円盤媒体というのはやはり劣化するので、 これからはデジタルデータで保管しなくてはいけないんだなぁ、と痛感。 とはいえ、観たい欲求は抑えき […]

「妖怪・怪獣の誕生」(天理大学考古学・民俗学研究室)

  四本の論文を柱として、 関連のあるコラムやインタビューを加えた構成になっている。 さすがにこのジャンルは語られ尽くされた感もあり、 なかなかこれは!と思える記述は見当たらなかった。 特に太刀の文様や、仏教美術における人面鳥の問題など、 苦心して無理やりにネタを作ったようなものもあり、 タイトルから感じられたワクワク感は、正直皆無だった。 「怪獣」の代表格として「ゴジラ」が名が挙げられ […]

東光 辛口純米大吟醸 美山錦

東光 辛口純米大吟醸 美山錦

精米歩合50%の、純米大吟醸で、 いまの時期、冷やして飲めば、この上なく旨い。 「東光」は山形県米沢市にある、 慶長2年(1597年)創業の米沢藩上杉家御用酒屋・小嶋総本店のブランドで、 400年以上の伝統を守ってきたのだそうな。 純米大吟醸となると、結構フルーティな味わいのものも多いけれど、 これはそういうところのない、 筋が通っているというか、硬派というか、 真っ直ぐに辛口を追求したらこうなっ […]

「シンギュラリティは近い」(レイ・カーツワイル)

  今から10年以上前の大著『ポスト・ヒューマン誕生』のエッセンス版。 「シンギュラリティ(singularity)」とは、 「技術的特異点」と訳されているが、要するに、 コンピューター技術が進歩を遂げて、 人間の脳と同等以上の性能となる日のことで、 筆者はそれを2045年と定めている。 人間のソフトウェアとしての脳を、 自由にアップロード、ダウンロードできるようになり、 ハードウェアと […]

映画「キングスマン」

  「kingsman」と呼ばれる秘密諜報機関が活躍するスパイ映画。 頭を使うシーンも、ダルくなるシーンもなく、 単純なストーリーでテンポ良く進み、 派手なアクションと粋なスパイ小道具が楽しい、A級エンタメ作品だ。 イギリス映画らしいセンスの良さと、コメディ要素の絶妙なバランスも、 大きな魅力のひとつだろう。 主役の若者が、見慣れない俳優のせいか、最初はイマイチに感じたのだけれど、 脇を […]

レスピーギ「グレゴリオ風協奏曲」

レスピーギといえば、いわゆる「ローマ三部作」しかまともに聴いたことがなかったのだけれど、 結構イイ曲あるじゃん?(←やや語尾上げ)ということで、 この「グレゴリオ風協奏曲」。 この「~風」、というのがクセ者で、クラシックの曲でいえば、 「トルコ風」とか「エジプト風」とか。 ちなみに、サイゼリヤのグランドメニューを見ると、 「ミートソースボロニア風」「タラコソースシシリー風」「パルマ風スパゲッティ」 […]

泰階(太階)について

「泰階(太階)」という名の星について調べていたところ、 個人の方のブログに行き着いた。 ありがたいことに、「諸橋大漢和」の説明を引用してくださっている。 「星の名。上・中・下の三階に分れ、 毎階各二星、上階の上星を天子、下星を女主、 中階の上星を諸侯三候、下星を卿大夫、 下階の上星を元士、庶人に象る。 此の星が平かなれば五穀豊饒、天下泰平であるといふ」 六つの星からなる、という点で、 まず思い浮か […]

「マネーロンダリング入門」(橘 玲)

  たまには、普段手にしないジャンルの本を読むのも、 脳の刺激になる。 さすがに「マネーロンダリング」ではないけれども、 似たようなことなら、会社経営時代に、 知り合いの経営者に頼まれて、 利益を@Xe^4ipjhpj xoiu・・・ えーと、さて、この本では、 カシオ詐欺事件やライブドア事件、 組合年金巨額損失事件など、 最近の具体的な事件をストーリー仕立てで紹介し、 金銭の流れを綿密 […]

映画「セルピコ」

  1973年の米伊合作映画。アル・パチーノ主演。 正義感溢れる主人公の刑事が、 警察内の汚職と闘う、社会派ドラマで、 実話を元にしているらしい。 主人公が、本来の任務をこなしつつも、 管轄内で日常化している収賄に手を染めないために仲間から孤立、 友人との仲違いや、恋人との離別など、 プライベートも負のスパイラルに陥るようになり、 遂に、撃たれるまでのストーリーを、 たっぷり130分間か […]