2019年、スペイン・ベルギー合作のサスペンス・スリラー映画「ゴヤ・マーダー」
2019年、スペイン・ベルギー合作の、
サスペンス・スリラー。

ゴヤの名作「ロス・カプリチョス」。

そこに描かれた(版画だが)奇怪な情景を、
そのまま再現する形で、
連続猟奇殺人事件が発生する。

しかも被害者は皆、
「ロス・カプリチョス」のコレクターであり、

殺害されただけではなく、
そのコレクションも盗難されていた。

その解決に臨むのが、
主役の女性警官2人であり、

2人の生き方や考え方の違いが、
この作品に深みを与えているわけだが、

全体としては、
かつての『セブン』のような、
よくあるタイプ。

惜しむらくは、
ストーリーの前半で、
犯人がバレてしまうような、
不必要な一コマが挟まれていることで、

まぁそれがあることで、
犯人が死んだと思われた後の急展開の、
伏線となり得ているわけだが、

正直、蛇足っちゃ蛇足かな。

そこそこ緊張感もあるし、
ゴヤの不気味な世界観を、
上手く利用できており、

そこを楽しめる人であれば、
観ても損はないだろうが、

そうでない人には、
平凡だと思われるかもしれない。

適正価格(劇場換算):1,400円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。