ベン・アフレック、シャリーズ・セロン主演、2000年USのサスペンス映画「レインディア・ゲーム
2000年、USのサスペンス映画。

クリスマス直前、
いよいよ出所まで数日となった、
同房のルーディ(ベン・アフレック)とニック。

ニックは、文通で知り合った、
アシュリーという女性(シャリーズ・セロン)と、
会えるのを楽しみにしていたが、

刑務所内のトラブルに巻き込まれ、
ニックは死亡してしまう。

一人で出所したルーディは、
門の外で待つアシュリーを見つけ、

申し訳ないと思いながらも、
自分がニックだと名乗り、
彼女とラブラブな関係となる。

だが、その幸せも束の間。

アシュリーの兄率いるチンピラ軍団が、
ルーディを捕らえ、

カジノ襲撃の案内をしろと、
脅しをかける。

そう、アシュリーとの文通で、
ニックはカジノで働いていたことを、
伝えており、

それを知ったアシュリーの兄一味が、
ルーディをニックだと思い込んで、
捕らえたというわけ。

ここから、
ストーリーが動き始める。

最初は人違いを主張したルーディだが、
途中から完全にニックになりすまし、

彼らに協力するフリをすることで、
生き延びようとする。

果たしてアシュリーは、
彼の正体を知っているのか知らないのか。

そしてカジノ襲撃は成功するのか。

いよいよクリスマス・イヴに、
悪党一味とルーディが、

サンタクロースの変装をし、
カジノを襲撃することになるが、

そこには意外な結末が、
待ち構えていた…。

もう20年以上も前の作品なので、
やや大味感はあるものの、

最後のドンデン返しとかは、
まずまずの出来。

確かにあの時代は、
この手のドンデン返し系サスペンスが、
流行だった気もしますね。

でもこの映画の一番の見所は、
シャリーズ・セロン。

その美貌はさることながら、
ストーリーが進むにつれ、
真実が明らかになるごとに、

表情や演技を変えていき、
天使なのか、悪女なのか、

主人公のみならず、
観ている側をも見事に騙す。

美人には気を付けろ、
ということでしょうか。

一度ぐらいは騙されたいものです。

ちなみに、タイトルにある、
レインディア(reindeer)は、
rein(手綱)+deer(鹿)で、
トナカイのこと。

トナカイ自体は登場しないが、
クリスマス・イヴまでの、
数日を描いた本作のタイトルとして、
なかなか秀逸かと。

適正価格(劇場換算):1,600円


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です