2023年12月29日。

ちょっと遅めの結婚記念日プレゼントを兼ねて、
妻と温泉旅行へ。

交通費と移動時間における、
コスパの良さを考え、

関東圏の温泉で、
ちょっぴり贅沢するのが、
最近のマイ家族ブームということで、

今回のターゲットは、
伊豆半島。

まずは東京駅近くのレストランでランチ。

東京駅・レストラン・前菜
東京駅・レストラン・パスタ

ワインを4杯も飲んでしまい、
思えばここが、
この日の失敗のスタートでした。

さて出発時刻も近づいて参りまして、
今回の旅の楽しみのひとつでもあった、
サフィール踊子号。

全席グリーン車かつ、
個室が大人気なのですが、
ネット販売はしていないので、

一カ月前の発売当日に、
仕事をサボって午前休にして、
なんとか座席をゲット。

個室は叶いませんでしたが、
プレミアムグリーンを、
無事予約できました。

フカフカの座席に身を沈めると、
まずは飲みたくなるのが、
世のツネ、人のサガ。

社内販売による、
伊豆名物の反射炉ビア。
反射炉ビア

ショットグラスと共に持参した、
スコッチも、みるみる減ります。
サフィールで飲むスコッチ

この2時間半の移動で、
途中から冬の海の景色を眺めながら、
スコッチを500mlほどいってしまったわけですが、

でも伊豆急下田駅に着いた頃は、
まだ全然シラフ(のはず)でした。

伊豆急下田駅

駅前には、黒船が鎮座。

黒船

観光は明日の予定なので、
この日は即タクシーでホテルへ。

とにかく、暖かい。
いや、暑いぐらい。

さすが南国。

オーシャンビューの素敵なお部屋です。

下田のホテルからの眺望

お土産を肴で、まずは一杯。
下田のお土産

部屋にも温泉はあるのですが、
最初は貸切露天で旅の疲れを癒し、
さぁ、楽しみの晩ご飯。

・・・なのですが、
私の記憶は、ここで途絶えます。

晩ご飯の席に着いたまでは、
かろうじて記憶があるのですが、

そこからが、
何を食べたのかまるで記憶にない。

なのでここからは、
妻の撮影した写真で。

金目鯛、海老、アワビの刺身もあるし、
下田の夕食・刺身

あー、これは、
金目鯛のしゃぶしゃぶのようです。
下田の夕食・金目鯛のしゃぶしゃぶ

その後も、天ぷらや、
サザエのご飯や、ビーフ、
そしてデザートまで。

下田の夕食・デザート

それはそれは素敵なディナーだったらしいのですが、
なにせ自分は、何も覚えていない。

でも白ワインのボトルを入れて、
それはちゃんと(?)飲んでいたとのこと。

結局、完食はしたらしく、
部屋に戻り、
そのままソファーでダウン、

零時頃に目が覚め、
また飲み始めたり、
温泉に入ったり、

結局ベッドに入ったのは、
3時過ぎぐらい?

部屋から、朝焼けを見て、
当然、二度寝。
下田のホテルからの朝焼け

さて、翌朝は、
何事もなかったかのように、
スッキリと。

温泉、朝食、温泉を消化し、
宿の近くにある、
伊豆半島最古の白濱神社へ。

白濱神社の鳥居
白濱神社の拝殿

何といって見所は、
浜辺の鳥居。

白濱神社の砂浜の鳥居

海もキレイで、
その名の通り白い砂と、
ブルーのグラデーションが相俟って、
まるで南イタリア(行ったことないけど)のよう。

白浜海岸の風景1
白浜海岸の風景2
白浜海岸の風景3
白浜海岸の風景4

海風に送られながら、
白浜を後にし、

一度下田市街へと戻り、
いざ、下田散策へ。

散策のお供はやはり、
スコッチ黒船ソフトクリーム。

黒船ソフトクリーム

ペリー提督は、
偶然下田に来たのか、
あるいは事前に打ち合わせがあったのか、
は分かりませんが、

もともと下田というのは、
お寺が多かったり、
ペリーロードと呼ばれる、
情緒漂う路地があったり、

なかなか由緒正しき、
歴史のある土地のようですね。

ペリーロード

その名も昭和っぽい、
なんと温泉の銭湯もあったりします。

下田・昭和湯

これは商工会議所ですが、
細かい黒船のモチーフが、
おしゃれです。

そしてこれが、
日米和親条約が締結された、
了仙寺。

了仙寺

ここから、
我が国のRoad of Pochi が、
始まったわけです。
感慨深い。

Mr.ペリーも、
ドヤ顔でしょう。

下田・ペリー像

かれこれ1時間近く歩きまわり、
幸い二日酔いはゼロですが、

腹が減っては戦もできぬ、
黒船にも勝てぬということで、

以前から気にはなっていた、
下田バーガーを食べにいきます。

海沿いにある道の駅、
その中にある魚市場。
下田市魚市場

そしてその向かいあります。

下田バーガー看板

これなむ、下田バーガー。
下田バーガー

要は、金目鯛のフライです。

昨夜は、刺身としゃぶしゃぶを食べて(記憶ないけど)、
今度はフライですか。

まさにキンメづくし。

汗ばむような南国の陽気の中、
ビールと一緒に最高~~!!!

と言いたいところですが、
正直、それほど旨いもんでもなかった(個人の感想です)。

やはり魚のフライの王様は、
アジフライで、

次がフィレオフィッシュ(謎の深海魚?)
なのだと、痛感しました。

遊覧船も黒船仕様。

いきなり競馬の話ですが、
クロフネという名種牡馬がいました。

毛色は、黒毛でも黒鹿毛でもなく、
葦毛なんですよね。

要は、白い。

当時は外国産馬が珍しく、
それで「クロフネ」にしたんでしょうけど、

馬としてみれば、
なんで白いのに「クロフネ」なのかと、

ペリーがハリスと間違えられるぐらいの、
悔しさだったんではないでしょうか。

さてこのあとは、
伊豆急下田駅に戻り、

この日の宿泊地である、
伊豆高原へと向かいます。
続く


Warning: Undefined variable $post in /home/r7884347/public_html/ukiyobanare.com/wp-content/themes/newsup/inc/ansar/hooks/hook-index-main.php on line 117
One thought on “下田訪湯記”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です