「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」(中野 京子)

「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」(中野 京子)

名画で読み解くハプスブルク家12の物語
世界史ではなく絵の方に興味があるので本書を手にとってみたけれど、
結果としては絵よりも歴史の面白さの方に引きずりこまれた結果となった。

姉妹編として「ブルボン朝版」の方も出ているけれど、
やはりブルボンとハクスブルクとでは、重みが違う。

「運命のいたずら」としか言いようのない歴史の渦に巻き込まれていく王朝の人々の悲劇を、
ここまで適確にかつ簡略に伝えた本は他にないのではないか。

我々が西洋の肖像画を眺めるとき、その人物の背景にある歴史のことは、あまり気にしない(というか、知らない)。

だから、単に、「うまく描けてる」とか、「美しい」とか、そのぐらいの感想しか出てこない。

しかしひとたびその背景の歴史を知ってみると、今まで見ていた絵が、ガラリと変わって見える。

「絵が語りかけてくる」というのはもはや陳腐な表現であるけれど、
歴史の底から、肖像画の叫びが聞こえてくる気がするのだ。

それにしても、王朝の人々は、みな物悲しい。喜劇はひとつもなく、悲劇だけに彩られている。

本・読書カテゴリの最新記事