「江戸の非人頭 車善七」(塩見 鮮一郎)

「江戸の非人頭 車善七」(塩見 鮮一郎)

江戸の非人頭 車善七
こちら方面の知識が皆目ない自分がまず驚かされたのは、
非人の監督役の家及び「溜」が吉原に隣接していたという事実。

人生の享楽と悲哀、これらは実は表裏一体なのだ、ということを暗示しているようで、なかなか面白い。

「エタ・非人」という言葉自体は、小学校の社会科の授業のときから耳にしていたものの、
現代まで続く根の深い(デリケートな)問題ということもあり、なかなかそこに踏み込んだ書物を詠んだことはなかった。

この本は、いわゆる“日本のタブー”に対して、引け目や負い目を感じることなく歴史的事実として真っ向から取り組んでいるあたり、読んでいて実にすがすがしい。

その反面、我々が知っているつもりの“歴史”なんてものは、あくまでも為政者にとって都合のよい事実をセレクトしただけのものだということに、気付かされる。

浅草・品川の「溜」、小伝馬町の牢、小塚原の刑場、それらにスポットを当てることで、歴史の沈着物が、存在感を主張し始めるのだ。

本・読書カテゴリの最新記事