「サイエンス・インポッシブル」(ミチオ・カク)

「サイエンス・インポッシブル」(ミチオ・カク)

サイエンス・インポッシブル

副題は、「SF世界は実現可能か」。

100億光年以上先の宇宙を見ることができて、ほぼ光速までいける粒子加速器があって、そして我々の手元には、GPSもテレビもゲームもICカードも付いた携帯電話があって、

もはや、うっかりと、「そんなの科学的に不可能だね」なんてセリフを吐くこともできない。

じゃあ、ライトセーバーやスターシップの実現可能性は??という問題に、最新の科学で検証を試みたのが本書。

検証の対象には、「念力」や「テレパシー」といった若干胡散臭いものも混じってはいるものの、
よくある「トンデモ科学本」とは一線を画す、なかなか読み応えのある内容になっている。

個人的には、マックスウェルの電磁方程式の一方の解である先進波が、反物質の存在を解明するヒントになった、という件なんかは、
かなり興奮を隠せなかったわけで。。

巻末に分かりやすい用語解説もついていて、それだけ読んでも十分面白い。

上質なポピュラー・サイエンス。

本・読書カテゴリの最新記事