「色彩楽のすすめ」(尾登誠一)

「色彩楽のすすめ」(尾登誠一)

色彩楽のすすめ
羽田までの往復用にと、慌てて手に取って買った本。

タイトルが楽しげな割りには、あまり内容がピンとこなかった。

三ノ宮から神戸空港へ向かうモノレールから見えた「空の青さ」にびっくりし、
あぁ、色に感動することもあるんだとあらためて考えさせられた。

やはり色を語るには、何よりもまず、自然の色。
この本のようにいきなりプロダクツの色から入るのは、どうもいただけない。

本・読書カテゴリの最新記事