「監獄ラッパー B.I.G. JOE 獄中から作品を発表し続けた、日本人ラッパー6年間の記録」(B.I.G.JOE)

「監獄ラッパー B.I.G. JOE 獄中から作品を発表し続けた、日本人ラッパー6年間の記録」(B.I.G.JOE)

監獄ラッパー B.I.G. JOE 獄中から作品を発表し続けた、日本人ラッパー6年間の記録

ヘロインを密輸してオーストラリアの刑務所に6年投獄された、
日本人ラッパーの自叙伝的ドキュメント、

というと、救いようのないワルによる、
自己正当化のキレイごとの羅列、
みたいなのを想像していたが、

いい意味で期待を裏切られた。

日本語の通じない海外の監獄での6年間を通じて、
人生とは、音楽とは、犯罪とは、
というものを真摯に語る姿勢は潔いし、
感動的ですらある。

これが強盗殺人犯とかであれば、問題外だが、
たまたま「運び屋」になってしまって捕まったというのは、
同情の余地が十分にあるだろう。

何よりも、刑務所から日本に国際電話をかけ、
電話越しのラップを録音させて、
アルバムをリリース(4枚も!)するという、
情熱というか、執念には、素直にリスペクトしたい。

日々を言い訳がましく、漫然と過ごしている自分には、
思わず背筋を正したくなるような、一冊だった。

この人のラップも、ぜひ今度聴いてみなくては。

本・読書カテゴリの最新記事