「嘘八百 明治大正昭和変態広告大全」(天野 祐吉)

「嘘八百 明治大正昭和変態広告大全」(天野 祐吉)

「嘘八百 明治大正昭和変態広告大全」(天野 祐吉)

今では、JAROだかJEROだかの規制で、
誇大広告は禁じられているが、
かつての、商魂逞しき時代の広告を集めたのが、本書である。

「嘘八百」とはまさにその通りで、
「こんなのダマされる奴いるのかよ!」っていうような、
笑える広告が、多いこと多いこと・・・。

良く言えば個性的なわけで、
いまのTVコマーシャルのような、キレイにサラッと見せるものとは、
真逆の精神が、そこにはある。

イラストを上げるのは手間がかかるので、
テキストのみでひとつ紹介しよう。

昭文閣書房という出版社の、
「東京エロ・オンパレード」(笑)という、
変態的書物の広告である。

いきなりの見出しが、「全巻皆殺人的エロ!」

これだけで笑いが止まらないのだが、敢えて全文を引用しよう。

——————–
キス一回十円二銭五厘也に始まって
非常ズロースの奇怪・角帽を食ふ女の贅沢なエロ・
カヂノの舞台裏から脇の下の毛をのぞき、
踊る肉の棒・とうけう・おとこ・おんなよりほんとに察しが
悪いに至り写真・漫画数十枚を加へて
古今東西エロ本中のエロ本は此の一巻に尽きる!
——————–

ね?変態でしょ?

しかも何言ってるか、サッパリ分からん(笑)。

「非常ズロースの奇怪」って何だ??

・・・・とまぁ、古き良き時代の広告は、かくありなん。

本・読書カテゴリの最新記事