「異妖編」(岡本 綺堂)

「異妖編」(岡本 綺堂)

綺堂得意の、江戸を舞台とした怪談三篇。

二話めの「寺町の竹藪」は、怖い。

十一歳と十三歳の二人の少女が、謎の失踪死を遂げる話で、
最後まですべてが謎のままであるところが、異様さを際立たせている。

綺堂は最早このブログの常連となっているが、
とにかく飽きない。
読む物に困ったら頼るようにしている。

本・読書カテゴリの最新記事