「日本酒の目きき 佳酒と駄酒をどう見わけるか」(稲垣 真美)

「日本酒の目きき 佳酒と駄酒をどう見わけるか」(稲垣 真美)

「日本酒の目きき 佳酒と駄酒をどう見わけるか」(稲垣 真美)

旨い酒だけでなく、
酒にまつわる人や土地についても語る、
酒好きにとってはたまらない本だろう。

副題に「どう見わけるか」なんて書いてあるから、
How to的なことが書かれているかと思うと、そうでもない。

要は、たくさん飲め、と。

イヤになるまで酒を飲めば、
自ずとウマい酒とマズい酒ぐらいは分かってくる。

もちろん、ウマい・マズいなんてものは、主観そのものなのだから、
人と価値観が同じである必要はないが、
たとえば、醸造アルコールが目立つのはいけないよ、とか、
最低限のルールは書いてあるので、それを参考にするのもよいだろう。

巻末に、著者がオススメする300銘柄が羅列されていて、
飲むのに迷ったら、ここからチョイスするのもアリかもしれない。

ちなみに、これを書きながら飲んでいるのは、「越の誉」(特別純米)。

上品な甘みで、後口がピリッとする。
若干甘い感もあるが、そろそろ燗が恋しくなる季節にはちょうどいいかもしれない。

本・読書カテゴリの最新記事