「初期歌謡論」(吉本 隆明)

「初期歌謡論」(吉本 隆明)

「初期歌謡論」(吉本 隆明)

 

この本は、僕が卒論を書いたときに大いに参考にした本で、
一時期書物を断絶したときに、古本屋に売り払ってしまったのだが、

この間、高田馬場の古本屋に入ったら、
格安で売られていたので、懐かしさのあまり、また買ってしまった。

読んでみると、かなり難解である。

二十年近く前の自分は、果たしてこれを理解していたのか、
はなはだ疑わしい。
(あるいは自分の理解力が低下した可能性もある)

正直、全体の理解度は8割にも満たないのかと思うが、
ちょっと気になる部分があった。

それは、「続枕詞論」の冒頭、
「みをつくし難波」という枕詞の用法は、近松が編み出したということを説明している部分で、
このように書かれている。

「最近必要あって近松の浄瑠璃をよみ直す機会があった。・・・」

吉本隆明は、何気なく書いたのだと思うが、
浄瑠璃を「読む」という部分に、僕は強烈な違和感を感じた。

古典芸能に親しむ者にとっては、浄瑠璃は「聴く」ものであり、
「読む」という感覚は存在しない。

もちろん、テキストとして読むことはあるが、
それは「浄瑠璃」を読むわけではなく、「近松の作品」を読むわけであって、
「浄瑠璃を読む」というのは、例えば「太鼓を弾く」と言われたのと同じぐらい、
しっくりこない表現なのである。

実はこのことが、
吉本隆明の古典文学へのアプローチの仕方を如実に示しているのではと思えるのであり、

すなわち、和歌も浄瑠璃同様、「発声文学」なわけで、
「発声」という側面を置いておいて、
ひたすらテキスト面からのみ作品に迫る吉本の方法論には、
やはり限界があるのではなかろうか。

もちろん、和歌の上句と下句との間の「暗喩」とも言うべき関係性、
古代歌謡がいかにして和歌へと収斂していったのか、

といったあたりを論じる切り込み方は、
通常の国文学者にはできないものだ。

でもそれは、徹底してテキスト至上主義なのであり、
「謡われた」もしくは「詠まれた」作品としての歌謡の本質には、
残念ながら迫りきれていないと思う。

ただ著者を弁護するとすれば、
古代歌謡がどのように発声されたのかについては、まったくといってよいほど手がかりがなく、
すべては想像するほかないのだ。

ではまったくのお手上げなのかというと、
僕としては、古代歌謡の片鱗とでもいうべきものは、
思わぬジャンル、たとえば民謡など、に残っている可能性も捨て切れず、

文学を一旦離れ、民俗芸能の側から光を当てることで、
古代歌謡、そして和歌の新たな一面が浮かび上がってくるのではないかと、
ひそかに研究の準備を進めようと思っている次第である。

本・読書カテゴリの最新記事