「学問の発見 数学者が語る『考えること・学ぶこと』」(広中 平祐)

「学問の発見 数学者が語る『考えること・学ぶこと』」(広中 平祐)

「学問の発見 数学者が語る『考えること・学ぶこと』」(広中 平祐)

 

著者は数学のノーベル賞ともいうべきフィールズ賞を受賞し、
京都大学・ハーバード大学の名誉教授も歴任した、
日本が生んだ世界的な数学者。

とはいっても数学に関する内容はごく一部で、
大部分は、学問をしたり物事を考えたりする上で大切なこと、
そして、人生で心がけるべきことについて熱く語った、
青少年向けの啓蒙書といっていい。

そんな本を40台半ばのおっさんが一生懸命読むのは、
世間的には「いまさら・・」と思われるのかもしれないが、

しかし僕のような平凡なサラリーマンであっても、
世界のトップに立った著者の頭の中を少しでも覗くことで、
(まだ半分も残っている)今後の人生のヒントを得てもおかしなことはない。

いやむしろ、大切な言葉には年齢や職業に関係なく、
謙虚に耳を傾けるべきではなかろうか。

特に印象に残るのは、

創造の基盤になるのは、「素心」、つまり素朴な心を失わないこと

というくだり。

数学に限らず、複雑で解決できない問題にあたったときは、
気分転換でもしてもう一度最初から考え直してみると、
今まで気づかなかった「穴」を見つけることがある。

それはもしかしたら「初心忘るべからず」と似たようなことなのかもしれないが、
生きているうちに溜まっていく偏見や思い込みを、
我々はなかなか手放すことができないでいるわけで、

いざというときには、心の中を一時的に断捨離して、
思考の転換をすることが大切だということだろう。

成功談だけではなく失敗談も紹介されていたり、
具体的な人物、たとえば岡潔とのエピソードも興味深く書かれていたりで、
読んでいて飽きることはまったくなかった。

本・読書カテゴリの最新記事