「人狼城の恐怖 第一部ドイツ編」(二階堂 黎人)

「人狼城の恐怖 第一部ドイツ編」(二階堂 黎人)

「人狼城の恐怖 第一部ドイツ編」(二階堂 黎人)

2019年の特筆すべき読書体験といえば、
昨年末に買ったKindleが大活躍だったことと、

密室トリックへの興味から、
それまで読まなかった推理小説を読み始めたこと。

この『人狼城の恐怖』は、
当時世界最長の推理小説ということで、
ギネスにも載っているらしいのだが、

これはまさに正月休みを利用して読むしかあるまいと思い、
全4冊のうち、まずは1冊目を読んでみた。

いやぁ、これはなかなか面白い。

推理小説というよりも、
ホラー・スリラーの傾向が強いが、
普段あまり読まないタイプの小説だけに、
後半は一気に読んでしまった。

あらすじをざっと紹介すると、
————————–
狼男にまつわる伝説があるという、「人狼城」。

はるか昔の中世に建てられた城なのだが、
独仏の国境線をはさんで、色違いの全く同じ城が、
渓谷を隔てて対峙している。

そのドイツ側の城に、ツアーとして10人ほどの客が招かれる。

城は断崖絶壁に面し、窓もないという状況のもと、
門の装置が故障し、全員が城に閉じ込められることになる。

そんな中、姿の見えない何者かによって、
一人、また一人と、

あるものは首を切断され、
あるものは宙吊りで血を絞り取られといった、

残忍この上ない方法で、次々に殺されていく。

犯人は、城の住人なのか?
それとも、ツアー客の中にいるのか?
殺人の動機は?

すべてが分からぬ中、生き残った者たちの懸命の努力も空しく、
最後に生き残ったのは、若い男女二人だけとなり、

そして彼らには最後の最後に、
もっともショッキングな結末が待っていた・・・。
————————–
逃げ場のない状況でのサバイバルというのは、
古くからのホラー映画の王道中の王道なのだけれども、

ドイツの山奥の古城という舞台に、
狼男伝説というホラー要素を加え、
さらには密室トリックや犯人捜しまでもプラスして、

硬質な空気感というか、冷えた肌感というか、
非常に独特な感覚で、
その世界が読むものの心に鋭く入り込んでくる。

惜しむらくは、最後の最後で、
現実離れした要素が見えてしまったことで、

ただそれも、リアリズムでゆく推理小説と、
メルヘン的なホラーの掛け合わせというジャンルだと思えば、
楽しめないわけではない。

第二部はフランス編なので、
おそらくフランス側の「人狼城」で起きた事件が描かれるのだろうが、

これを書いている今も、
実は早く読みたくて仕方がないのである。

本・読書カテゴリの最新記事