「日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情」(山口 博)

「日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情」(山口 博)

「日本人の給与明細 古典で読み解く物価事情」(山口 博)

奈良時代から江戸時代にかけて、
庶民や貴族、武士たちが、

現代の貨幣価値に換算すると、
果たしていくら稼いでいたのか、
について、さまざまな文献や史料を元に検証した本。

収入を得るということは、
(当然ながら)何かしらの経済的活動がそこにはあったわけで、

各時代に、どのような仕事をしたり、
どのような買い物をしたりといった、
生活の詳細まで知ることができて、かなり興味深い本である。

中でも意外だったのは、
奈良・平安の貴族たちが「従五位下」とかの位を、
数千万とか一億円で買っており、
しかもそれが氏名とともに記録に残っていること。

藤原氏のような「世襲が当たり前」の家柄に生まれなかったものは、
いくら優秀だったとしても出世には限度があるわけで、

であればお金の力で何とかしよう、、
というのは、今も昔も変わらないのかもしれない。

『源氏物語』で光源氏が建てた屋敷の価格とか、
ネタはフィクションの世界にも及んでいて、
古典・歴史好きの人は、飽きることがないだろう。

本・読書カテゴリの最新記事