「人狼城の恐怖 第三部探偵編」(二階堂 黎人)

「人狼城の恐怖 第三部探偵編」(二階堂 黎人)

「人狼城の恐怖 第三部探偵編」(二階堂 黎人)

第一部・第二部にて、
二つの人狼城での猟奇事件の話が終わり、

この第三部では、
いよいよ日本の名探偵・二階堂蘭子が登場する。

二階堂蘭子の人物紹介やら、
彼女たちが語るやや形而上学的な話やら、

また、読者は既に承知済みの第一部・第二部の内容を、
蘭子たちが知っていく過程も描かれるので、

第三部に入って、
かなりペースダウンした感は否めない。

ただ、いきなり解決編が示されるわけではなく、
まるで読者と共に推理するかのように、

蘭子たちも少しずつ推理を展開していくのが、
(多少まどろっこしくはあるが)長編小説ならではの楽しみではある。

なので、第一部・第二部で描かれた以上の事実が提示されることはないが、
解決編の前で一度立ち止まって、
もう一度事件の状況を整理する上では、
第三部の存在は必要不可欠なのだと思われる。

また、登場人物たちが再三にわたり、
実際の探偵小説のトリックを例に挙げて考察を進めるという手法も、
もはやお馴染みとはいいながら、
ニヤリとさせてくれる部分だったりもする。

第三部は、二日で読み終えた。

さて、いよいよ解決編へ。

本・読書カテゴリの最新記事