「人狼城の恐怖 第四部完結編」(二階堂 黎人)

「人狼城の恐怖 第四部完結編」(二階堂 黎人)

「人狼城の恐怖 第四部完結編」(二階堂 黎人)

思えば昨年のGWに、
有栖川有栖による密室紹介みたいな本でこの作品を知り、

ただ、そのあまりの長編ぶりにビビッて、
いつかゆっくり読もうと思っていたのに、
こんなに早く読破できるとは。

思えば2019年は、上記の本のせい(おかげ?)で、
主に密室系のミステリーに目覚めたわけだが、

その中には、いわゆる「四大奇書」のうち未読だった、
『虚無への供物』『匣の中の失楽』も含まれていて、

そしていま『人狼城の恐怖』を読み終えて言えることは、
この作品は、四大奇書のどれにも(いや、『ドグラ・マグラ』は例外か)劣らぬほどの、
奇書だということ。

『ドグラ・マグラ』の病的精神性と、
『黒死館』のペダンティズム、『虚無への供物』のトリック、
そして『匣の中の失楽』の階層構造(・・意味深w)、と、

これらのすべての特徴をすべて包含している、
とんでもない作品なのだ。

この第四部で、
ついに蘭子たちは「人狼城」へ足を踏み入れることになる。

そこで次々と、密室殺人や死体消失のトリックが暴かれるのだが、
(ちなみにそれは、ほぼ想定通りのトリックだったが)
肝心の、血液反応が全く出て来ない。

そのからくりは、
実は城の構造自体にあることを蘭子は見抜くわけだけれど、

いやぁ、双子の城のはずだった「人狼城」の、
まさかの正体を知ったときは、

想定外だったのはもちろん、
そのスケールというか、壮大なトリックというか、
これぞまさに、この作品の真骨頂!と叫びたくなる衝撃だった。

そして、最後に暴かれる、犯人たちの殺人の動機。

舞台となったアルザス・ロレーヌ地方が抱える政治的な問題に、
カトリックとユダヤのこと、
そしてナチスによる戦争犯罪などが複雑に絡み、
これはちょっと重い。

というか、この手の話を、
探偵が犯人の前で滔々と繰り広げるというのは、
最後の最後で間延び感がするのは避けられないかな。

「第二部 フランス編」で「人狼」の話が出たときに、
もしかしたらこの作品は非現実的なのかな、と思ったけれど、

実はそうではないらしいと思ったら、
第四部の最後の最後で、また人狼の話になって・・・

と、最終的な結末は謎のママではあるのだが、
最後の最後は蛇足だと思えば、
本格推理小説として十分すぎる出来であろう。

果たして自分の中で、
この作品を越える探偵小説が出てくるのかどうか。

2020年の読書ライフも有意義にしたい。

本・読書カテゴリの最新記事