「日本語の形容詞」(北原 保雄)

「日本語の形容詞」(北原 保雄)

北原 保雄 著「日本語の形容詞」(大修館書店)
言語の成立を考えたとき、
(擬音語・擬態語は別として)
名詞・動詞が他に先行したであろうことは、
想像に難くない。

盛り上がっている土地を、
「山」と名付け、

その土地を上に向かって歩くことを、
「登る」と名付ける、

といった具合だ。

そこから次の段階に進むと、

「山」の中にも、
「低い」や「高い」があったり、

「登る」であっても、
「ゆっくり」や「速い」があったり、

つまり、形容詞や副詞が生じることになる。

しかし「山」や「登る」が、
万人に共通の、客観的であるのに対し、

「高い」や「速い」は、
個人の主観に左右されるというところが、

形容詞や副詞の難しさであり、
面白さでもある。

また、よくパリあたりのブランド店では、
日本人の若い女性は品物を手に取ると、
皆一様に「かわいい!」って言うという、
半ば小馬鹿にしたようなことを言われるが、

弁解をするならば、
日本語というのはなぜか、
形容詞に乏しい(おそらく副詞も)のであって、

その理由はなぜか、
といったことを考えても、
形容詞の魅力は尽きないのである。

※正統的な(?)形容詞が少ないせいか、
現代では、うざい・エロい・キモい・エモい、
などの形容詞の造語が多い気がする。

要するに、僕個人としては、
日本語研究の最終地点こそは、
まさに形容詞なのではないかと思っており、

そんな興味から、
愛用する「古語大辞典(小学館)」の編者の一人でもある、
この著者の本を手に取ってみることにした。

やや前置きが長くなったが、
結論からいうと、
かなり刺激というか示唆に富んだ一冊だった。

特に注目した一点目としては、
古語のク活用の形容詞においては、
語幹末音節にイ列音がこない、ということ。

そこから「ヒキシ」(低い、の意)という語が、
果たしてあったのか、という考察に進むのだが、
その考察方法が緻密かつロジカルで、
流石である。

二点目としては、
現代語のク活用の形容詞においては、
語幹末音節にエ列音がこない、ということ。

そしてその事実こそが、
古語には存在した、
「うるせし」「さやけし」「むくつけし」
などの形容詞が、

「うるせい」「さやけい」「むくつけい」
といった形で、
現代語には残らなかった理由なのである。

※そしておそらくこのことが、
現代語に形容詞が少ない理由の、
ひとつなのではないだろうか。

ただひとつ気になった点としては、
主格が二つある、いわゆる「~が~が」構文、

例えば、
私が この料理が おいしい

のような文を正しいとしていることで、
確かに理屈としては納得できるのだけれど、

果たしてこれが日本語として自然かといえば、
どうしても疑問ではある。

もちろん僕の考慮不足の可能性が大なので、
それも含めて、今後もう少しこの分野を深めていきたい。

本・読書カテゴリの最新記事