「読む数学 数列の不思議」(瀬山 士郎)

「読む数学 数列の不思議」(瀬山 士郎)

瀬山 士郎 著「読む数学 数列の不思議」(角川ソフィア文庫)

表紙とタイトルで、
もうちょいライトな本かと思ったら、
結構ガチなやつだった。

数年前、数検にハマっていた時期があって、
結局準一級でやめちゃったんだけれども、

どうも数列がニガテで、
漸化式から一般項を導くのとか、
未だに自信ないし。

この本は、モロにそういう内容。

いろいろなタイプの数列を採り上げて、
その性質だとか、関数とのかかわりだとか、
一応、興味を惹くような内容が書かれているのだけれど、

でも結局は数学における数列の話なので、
漸化式って何? Σって何て読むの?
という人は、避けた方がいい。

やはり個人的には、
関数とかベクトルとか、
視覚的に理解しやすいジャンルの方が好きで、

数列とか集合とか確率とか、
純粋な数論っぽいやつは、
どうもいただけない。

ということで、
少しでも数列への苦手意識を薄めてくれるかな、
と思ったのだけれど、
あまり僕には役に立たなかった本。

本・読書カテゴリの最新記事