「斜め屋敷の犯罪」(島田 荘司)

「斜め屋敷の犯罪」(島田 荘司)


舞台となる風変わりな館と、
謎の人形。

この設定は、
『黒死館』へのオマージュと考えていいのかな。

あそこまで衒学的でも、
難解な文章でもないし、
(いや、むしろライトすぎる)

一方で、大胆なトリックは、
なかなか読み応えがあって、

殺人の動機とか、
一部の仕掛けにやや不自然な部分はあるものの、

総じて楽しむことができた。

特に2番目の殺人、
このトリックがまさに作品の肝というか、
むしろ「すべて」で、

これ以外は、
多少ぎこちなくても許せるかもしれない。

ミステリーは好きだけれども、
現代作家のものを、
それほど読んでいるわけでもないので、

恥ずかしながらこの作家の作品は、
初めて読んだのだが、

他の作品も読んでみるかな、
と思えるレベルにはあると思った。
(上から目線ですみません)

本・読書カテゴリの最新記事