「サイエンス ペディア1000」(ポール・パーソンズ)

「サイエンス ペディア1000」(ポール・パーソンズ)

ポール・パーソンズ 著「サイエンス ペディア 1000」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

科学の10カテゴリーから厳選された、
1,000のワードについて、
分かりやすく解説した、
いわゆる「読む事典」。

ただ、たとえば、
「光量子仮説」「ティティウス・ボーデの法則」
がないなど、

1,000個のワードの選出には、
苦労したんだろうな、と思う。

物理・化学・生物・地学
の分野に加え、

社会化学・情報・応用化学
といった、

高等学校では習わない内容も含まれており、
大人も満足な読み応えかと。

ひとつひとつのワードが、
非常に簡潔に説明されているため、
分かりやすい反面、

理解の深さとか、
各項目同士のつながりを把握することは、
期待できない。

なので、
初心者のための事典というよりも、

大学受験程度の理科各科目を学んだ人が、
振り返って知識を確認するために、
有効なのだと思われる。

本・読書カテゴリの最新記事