Dewar’s WHITE LABEL

Dewar’s WHITE LABEL

なんかウィスキーを買うペースが上がってる。

全部飲み終わってから次のを買う主義(狩猟民族風)なので、
1週間で1本。

でも1日100mlぐらいだから、大したことないか。

今回はまたブレンデッドに戻って、「デュワーズ ホワイト・ラベル」。

 

デュワーズ ホワイト・ラベル

調べてみると、日本での輸入元は、バカルディ・ジャパンらしい。

バカルディ・ジャパンのサイトにいってみると、
商品情報ページで生年月日の入力があるではないか。

昔、たばこメーカーのサイトを制作したときに、
同じように厳しいチェックを導入させられたけれど、ついに酒もそうなったか。
さすが外資系。

このデュワーズ、アメリカではかなり人気のスコッチらしいのだが、
どれどれ、飲んでみよう。

まず、香り。
これは好きじゃないタイプ。中途半端なんですよね。
スモーキーになりきれないというか。
これ系の香りだと、味の評価も半減してしまう。。

味の方は、おいしいというよりも、なかなか面白い。
最初ツンときて、そのあとにちょっと深めの第二波がくる。

表現がアレだけど、日本茶を飲んだときのようなイメージ。

でも総じて、それほどの深みはないです。
アメリカで人気なのも、まぁ納得。

ハイボールにしてみたのだけれど、全然おいしくない。
やっぱり中途半端なのかな、全体的に。

シングルモルトみたいにストレートで楽しめるわけでもないので、
消去法的に、ロックで飲むのがベターでしょう。

次も買いたいか?と言われたら、
そうでもない、と回答できるレベルかな。

カテゴリの最新記事