洗心

洗心

洗心

「久保田」と同じ朝日酒造のお酒。

先日、某出版社さんと漫画家先生との会食のときに、
珍しいお酒だから、ということで皆でいただいた。

精米率が極度に高い大吟醸ということで、
それはそれはウマいことこの上なく、

普段はワンカップを啜っている自分からしてみれば、
文字通り「心を洗われる」ような気分、

今年も何とか無事でよかった、
と早くも年末モードになったりするわけです。

調べたところによると、「洗心」とは『易経』の、

「聖人以此洗心(聖人は此を以って心を洗う)」

からのネーミングだとか。

大吟醸なので、クイクイ飲んでいると、心が洗われるどころか、いつしかヘベレケとなるが、
まぁ自分は聖人でもないし、、などと言い訳しつつ、さらに飲む。

ということで、一句。

酔い痴れて 心も白き 年の暮れ

カテゴリの最新記事