WHITE HORSE

WHITE HORSE
WHITE HORSE

最近は会社から徒歩で帰宅しているため、
途中にある酒屋(カクヤス)でウィスキーを買うことも多い。

帰宅途中で、そういえば酒が切れていることに気づき、
その酒屋に立ち寄って物色してみたのだが、

その店にある「安スコッチ」の大部分は、
既にこのブログでも紹介済みであるため、
今回は「安スコッチの王道」を購入することにした。

ホワイトホース。

ものすごく久々に飲むことになるが、
様々なウィスキーを旅してきた自分の舌が、
果たしてどのように感じるか、非常に楽しみだった。

結果。

価格が価格なだけに、期待はしていなかったが、
それにしても個性がない酒だ。

同じぐらいの価格でも、
もっと個性のあるやつは、たくさんあった。

なのにこの酒は、香りもなければ刺激もなく、
ひたすら没個性であることに存在意義を見出しているかのような、
うーーん、マズくはないのだが、絶対旨いとも言えない。

毒にも薬にもならぬ、そんな酒。

波乱万丈も、これといった禍福もなく、
平凡無味な、人生の象徴。

ウィスキー初心者には、ちょうどよいのかもしれない。

カテゴリの最新記事