月下独酌

月下独酌

既にこのブログにも書いたとおり、ウィスキーをストレートで飲むのをやめた。

その代わりにヘンな飲み方をするようになってしまい、
加えて、22時前後に1時間ほど仮眠する習慣がついてしまい、

気付いたら、朝の4時ぐらいまでズルズルと酒を呑んでしまう始末(現在、3時46分)。

とはいっても平日なので、深酔いするわけにもいかず、
だいたい1時ぐらいからほろ酔いを保ちつつ、

特に何するわけでもなく、
本を読んだり、楽器を弾いたりしながら、
つまらないことをあれこれと考えているわけで。

こういう呑み方をし始めると、途端に李白が恋しくなる。
「月下独酌」(Drinking alone with the moon)。

漢詩の細かい字句は忘れたが、
ひとり寂しく飲む自分、そこに月と、月が映す自分の影が加わって、
三人で飲もうよ、というような内容。

李白の詩というのは、シラフのときに読むとふーん、ってカンジなのだけれども、
酔いがちょうどよいポイントに達したときに口ずさむと、
なぜか、すごく懐かしくなる。

酔いすぎてもいけないし、酔いが浅くてもいけない。
三味線のツボのように、ここぞというポイントがある。

大抵は、そんな所はすぐにすっ飛ばして、深酔いの域に潜ってしまうので、
李白先生が、僕の脳裏に登場することはほとんどない。

だけど、今夜はなぜか登場しなすった。

「月下独酌」を意訳してみる。

————————–
花を眺めながら酒を呑んでるんだけどさ、
俺ひとりで、誰もいやしない。

仕方ないので、月に向かって乾杯して、
お月さんと自分の影とを合わせて、
三人で呑むことにするよ。

とはいっても、月に酒の味は分かるめぇ。
俺の影だって、俺に従うだけだし。

まぁでも、ここには俺たち三人しかいないんだから、
しばらくは、この春の夜を満喫しよう。

俺が歌えば、月は廻るし、
俺が舞えば、影も踊る。

酔ってないときは、俺たち三人楽しいし、
酔ったあとは、バラバラになるけど、でも、それぞれが楽しんでる。

月と自分の影という、無情な奴等と親しく交わって、
また遥か宇宙の果てで、出会おうと約束するのさ。
————————–

こんなカンジかな。

窓の外が明るくなってきたし、
さて寝るとしますか。

カテゴリの最新記事