越乃景虎 超辛口 無糖加

越乃景虎 超辛口 無糖加
越乃景虎 超辛口 無糖加

だいたい「超辛口」などという言い方を、いつ、誰が始めたのか。

「超」が接頭語的に付いて、「すごく~」となる使い方は、
「超満員」とか「超伝導」とか、例がないわけではないが、

なんでもかんでも、「チョーカワイイー」とか「チョーウケル」とか、
軽々しく使うようになったのは最近のことであろう。

そこでもって、「チョー辛口」とは、どうもけしからん。

せめて「極辛口」とかにした方が、カレーみたいではあるけれど、
日本酒らしさが出ているような気もするのだが。

まぁそんな愚痴はさておき、
「チョー辛口」なる日本酒は、たまに見かける。

でも大抵、飲んで後悔することが多くて、
辛口というよりも、渋いというか、日本酒の良さをすべて殺してしまったような、
絶世の美人も齢五十を過ぎればかくもあらん(失礼)、とばかりの「コレジャナイ」感。

なので、この「越乃景虎 超辛口」も期待しないで飲んでみたのだが、
ファーストコンタクトは、まさに「チョー辛口」なのだけれど、
そこからの第二波が、ふくよかでほのかに甘く、まさに日本酒のそれである。

これはワインでも言えるのだけれど、
所詮、ヒトの味覚は原始的な大脳旧皮質での仕事なので、複雑な判定などできっこない。

だから、第一波と第二派で、違う味覚が感じられれば、
おぉ、これは良い味ではないか、と脳を錯覚させることができる。

(人間関係でいうところの、第一印象と話してみた感じとのギャップですな。
なので僕は、第一印象は極力最低になるように努めている。)

要するに、旨い酒というのは、いくつもの表情をもっているというわけです。

で、この酒はその表情の差というか、チョー辛口から日本酒の旨みまでの飛躍が、
ヒジョーに分かりやすく造られているため、
けしからんとは言いながら、旨い酒なのである。

カテゴリの最新記事