峰乃白梅 純米大吟醸

峰乃白梅 純米大吟醸
峰の白梅

 

久々の酒記事更新。

この酒を飲んだのは、数か月も前なのだけれど、書こう書こうと思いながら忘れていた。
実家で父親と、一升瓶をグイグイと。飲んだんだった。

雪中梅と越乃寒梅と合わせて、「越の三梅」と呼ばれているが、
この「峰乃白梅」はあまり出回っておらず、

この高級酒を、残量を気にすることなく(酔いは気にしたが)飲めたというのは、
今さらながら、幸運この上ない。

味は、一流の酒の証しである「二段階方式」。

つまり、口に含んだときと、喉を通過するときとで、
味が全く違うというやつだ。

ここまで旨い酒になると、食事と一緒に呑むことすら勿体なくなってきて、
究極は塩を舐めながら、、なんていうのも納得できる。

矛盾するようだが、食事の味で酒の味を邪魔されたくないというか。

ところで「峰乃白梅」という文字を目にすると、
いつも讃岐院、つまり崇徳上皇を思い出す。

保元の乱後に讃岐に流され、失意のままに狂死したといわれる悲劇の帝だが、
その御陵の名が、「白峯陵」。

上田秋成の「雨月物語」にも「白峯」として収録されている。

崇徳院は、そのドラマチックな人生と、
百人一首でもおなじみの、「瀬を早み・・・」の名歌、
そして自分の名前と一文字被っていることで、

自分的には、歴史上の天皇の中では、
気になる存在ナンバーワンだったりする。

そんなこんなで、ぜひもう一度、ゆっくりと味わってみたい酒なのである。

「われても末に逢はむとぞ思う」。

カテゴリの最新記事