ティーチャーズセレクト

ティーチャーズセレクト

ティーチャーズセレクト

酒は毎日欠かせないものなので、
辿り着くところは、結局は「コスパ」。

コスパといえば蒸留酒。

蒸留酒の好みは人それぞれだとは思うが、
僕はもうずっと、ウィスキー一択である。

寝る前にパソコンに向かいながら、
あるいは本を片手に、ウィスキーのショットを楽しむ。

それが一日の終りにふさわしい至福の時間だ。

ウィスキーの中でも、
最近はひたすら「ティーチャーズ」に決めている。

この味で、この価格。
しかも、1750mlの巨大壜ならさらにお得。

まさに「先生」という名にふさわしい存在感を、
舌と鼻で味わうことができる。

そんなティーチャーズの新商品として、
「ティーチャーズセレクト」なるものが、
日本限定品として発売されたらしく、
たまたま近所のスーパーで見つけたので買ってみた。

サントリーのホームページによれば、
スコッチ初心者向けに、ハイボールでも楽しめるように、
「穏やかに」「柔らかい」味にしたものだという。

たしかに、本家「先生」独特のあのピリッとした風味がなく、
クリーミーというか、随分とまろやかな感じだ。

もちろんこれはこれでマズいわけではなく、
むしろ良質なスコッチには違いないのだが、
やはり個人的にはパンチ不足。

でもこれからスコッチを始めたいという人には、
飲みやすいしちょうどいいのかもしれないが、
ハイボールにするというのはオススメしない。

ハイボールというのは、
あくまでもそのまま味わうには厳しいクオリティのものを、
ソーダで割れば何とか飲める、といういわば苦肉の策であって、

こういう個性ある酒に対してそのような扱いをするのは、
まさに「先生」に対し礼を失していると言わざるを得ない。

とまぁこんなことを書きながら、
空(から)になってしまった壜を空しく眺めるわけである。

カテゴリの最新記事