オーク樽貯蔵 風媒花

オーク樽貯蔵 風媒花

酒の楽しみ方のひとつに、
原料の違いを味わう、というのがある。

ワインのブドウ品種ごとの違いはもちろんだが、
もっと大雑把な話では、

ウオッカやラムなどの、
スピリッツにおける原料の違いもそれに含まれる。

我が国の穀物の主役は、
何といっても「米」であり、

その「米」を原料として、
醸造酒である「日本酒」と、蒸留酒である「米焼酎」があるわけで、

しかもそれを同じ会社が製造しているとなれば、
その楽しみも増幅される。

「八海山」といえば、
誰もが知る日本酒の一流ブランドだが、

その八海醸造社が手掛けた米焼酎が、
この「風媒花」。

以前、同社による米焼酎として、
「よろしく千萬あるべし」を紹介したが、

あちらがすっきりとした旨みであるならば、
こちらは濃厚で芳醇な味。

オーク樽貯蔵のゆえなのだろうが、
まるで泡盛の古酒のような、
独特のクセと香りによって、

「焼酎族」の中では芋焼酎のみが担っていた役割を、
米焼酎にして実現したというべきか。

とはいえ、お湯割りにして、
その風味を顔全体で受けるというレベルではなく、

やはりストレートかオンザロックで、
米の深みを、潔く味わいたい。

刺身や蕎麦などの和食から、
揚げ物や肉料理まで、
どんな料理にも合う優等生でもある。

カテゴリの最新記事