ロッホローモンド クラシック

ロッホローモンド クラシック

ロッホローモンド クラシック
2020年9月下旬時点の酒事情としては、

1.晩飯時には、泡盛or芋焼酎のロック
2.深夜にはバーボンor安ウィスキーのハイボール
3.そしてそれをチェイサーにシングルモルトのショット

という感じになっているわけだが、
これから涼しくなると、
特に1、2あたりは変わってきそう。

ということで、
今回は上記の3にあたるシングルモルトの紹介。

「LOCH」と綴って「ロッホ」と読むのは、
「バッハ(BACH)」みたいで、
英語じゃないのかしら?とも思うが、

これの「12年」は、
全英オープンの公式ウィスキー(なんじゃそれは)になったらしく、
まぁメジャーということなのでしょうか。

とはいえ、この「CLASSIC」は、
同銘柄の中では一番格下の、
ビックカメラで3,000円を切るぐらいなので、
シングルモルトとしては最低レベルということ。

味はというと、
ハイランドなのでそこまでピートも強くなく、
かなりマイルドで、

ドライなウィスキーが好きな人には、
若干物足りないかも。

とはいえシングルモルト「らしさ」は、
かなり出ているので、

シングルモルト初心者の方には、
おすすめできるのかもしれない。

カテゴリの最新記事